デイトレの長所は何か - •ニューヨークなど他の市場の影響を受けにくい。 (とにかく日本の市場は海外市場に左右されやすい。 (株式→先物→FX→株式→FXなど)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月18日 (金) | 編集 |
*17日のNY株式相場は上昇。

堅調なマクロ指標の結果を好感したほか、

連邦債務上限引き上げへの期待が相場をけん引した。





ダウ工業株30種(ドル).DJI
     終値       13596.02(+84.79)
     始値       13511.23
     高値       13633.89
     安値       13510.24
   前営業日終値   13511.23(‐23.66)





S&P総合500種が3日続伸。

予想を上回る住宅・雇用関連指数を手がかりに、

同指数は一時5年ぶり高値を更新したほか、

終値としては2007年12月以来の高値をつけた。
 
インテルは、通常取引を2.6%高を終えた後、引け後の時間外取引で1.85%上昇。

予想を上回る第1・四半期粗利益率見通しを好感した。
 
フィラデルフィア半導体株指数は2%上昇し、8カ月ぶりの高水準で終了した。
 
米指標では、1月12日終了週の新規失業保険申請件数が予想以上に減少し、

5年ぶりの低水準となった。
 
12月の米住宅着工件数も予想を超えて増加し、2008年6月以来の高水準となった。
 
ここ2週間ほど続いていた値固め局面から脱した。かなりの資金が流入している。
 
ただ、金融株が売られ、相場は伸び悩んだ。
 
第4・四半期決算が精彩を欠く内容となったバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は4.2%安、

シティグループは 2.9%安。
 
バンカメの第4・四半期決算は、過去の住宅ローン問題に絡む費用計上が重しとなり、減益となった。

シティの第4・四半期は、純利益が増加したものの、リストラや係争に絡む費用が圧迫し、

実質利益が市場予想を大きく下回った。
 
電子商取引イーベイは2.7%高。

前日引け後に発表した好決算が引き続き支援している。
 
住宅建設株では、パルトグループが4.9%高、

トール・ブラザーズが3.1%高。

住宅建設株指数は2.4%上昇し、2007年8月以来の高水準で引けた。
 
原油価格の上昇を手がかりに、エネルギー株の買いが優勢となり、ダウを支えた。

エクソン・モービルは0.8%高、

シェブロンは0.7%高。
 
トムソン・ ロイターのデータによると、

S&P総合500種指数採用企業の第4・四半期利益の伸び見通しは、現時点で2.3%となっている。
 
ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は

約65億株と、

昨年の1日平均である64億5000万株を上回った。
 
騰落比率は、ニューヨーク証券取引所が

約22対7、

ナスダックはほぼ

2対1。




 

S&P業種別ランキング
指数名 引値 前日比 変化率(%)

  上昇  
1 一般消費財・サービス 394.52 +4.19 +1.07%
2 資本財・サービス 342.80 +3.30 +0.97%
3 ヘルスケア 487.12 +3.97 +0.82%
4 素材 247.09 +1.78 +0.73%
5 エネルギー 558.03 +3.83 +0.69%
6 生活必需品 375.65 +2.34 +0.63%
7 電気通信サービス 144.30 +0.69 +0.48%
8 公益事業 180.10 +0.70 +0.39%
9 情報技術 473.96 +1.55 +0.33%

  下落
1 金融 231.01 -0.24 -0.11%



NY主要株価   終値 前日比 前日比率

<<情報技術セクター>
マイクロソフト  27.23 +0.19(+0.7%)
インテル  22.68 +0.57(+2.58%)
ヤフー  20.13 +0.06(+0.3%)
アップル  502.68 -3.41(-0.67%)
IBM  193.65 +1.06(+0.55%)
グーグル  711.32 -3.87(-0.54%)
ノキア  4.53 -0.04(-0.88%)
フェイスブック  30.14 +0.29(+0.97%)

<金融セクター>
シティグループ  41.24 -1.24(-2.92%)
バンク・オブ・アメリカ  11.28 -0.5(-4.24%)
ゴールドマン・サックス  141.01 -0.08(-0.06%)
JPモルガン・チェース  46.44 -0.38(-0.81%)
アメリカン・エキスプレス 60.74 +0.12(+0.2%)

<エネルギーセクター>
エクソン・モービル  90.2 +0.73(+0.82%)
シェブロン  114.74 +0.77(+0.68%)

<マテリアルセクター>
バリック・ゴールド  34.08 -0.06(-0.18%)
ニューモント  44.44 -0.31(-0.69%)
モンサント  101.32 -0.58(-0.57%)
アルコア  8.94 +0.06(+0.68%)

<資本財・サービスセクター>
キャタピラー  95.7 +0.51(+0.54%)
ゼネラル・エレクトリック 21.3 +0.18(+0.85%)

<一般消費財・サービスセクター>
フォード・モーター  14.22 0(0%)
ホーム・デポ  65.05 +1.19(+1.86%)

<生活必需品セクター>
ウォールマート  68.85 -0.36(-0.52%)
コカ・コーラ  37.51 +0.19(+0.51%)
P&G  69.67 +0.33(+0.48%)
UPS  79.79 +0.13(+0.16%)

<製紙品・林産品セクター>
インター・ナショナル・ペーパー 41.64 +1.05(+2.59%)

<電気通信セクター>
スプリント・ネクステル  5.63 +0.1(+1.81%)
ベライゾン・コミュニケーションズ 42.13 +0.62(+1.49%)












米ボーイング2012年の航空機納入は601機、エアバス上回り首位に

米ボーイングは2012年の航空機納入数が601機と発表した。

競合する欧州のエアバスの納入実績が発表されるのは17日だが、2012年の納入実績は、

ボーイングがエアバスを上回り世界首位となることが確実となった。

2012年の納入数は11年の477機から大幅に増加。

ボーイングは2013年は約660機の生産を目指している。




12月の米自動車販売は9%増、年間では13.5%増加し2007年以来の高水準に


2012年の米自動車販売台数は2007年以来の高水準に。

 
2012年はトヨタとホンダがシェアを拡大。

 
12月の販売台数はトヨタが9%増、GMは5%増。

 
2013年は経済の不透明感が自動車購入意欲を圧迫する可能性。

 




欧州委、韓国サムスン電子が通信規格特許を乱用との暫定判断 


 
欧州委員会は21日、韓国サムスン電子が独占的な地位を乱用して、

携帯電話の利用に不可欠とされる特許をライバルの米アップルに使用させないよう

不当に働き掛けていたとする暫定判断を下した。

問題となっているのは、

欧州連合(EU)の第3世代携帯電話(3G)通信規格「UMTS」に関連するサムスン電子の標準必須特許。

欧州委によると、

欧州で採用された当時、サムスン電子はライバル企業に対して、

特許のライセンスを公正に供与する考えを示していた。

ところがサムスン電子は2011年から、

アップルが問題の特許を使用しないよう複数のEU加盟国で差し止めの請求を開始したとしている。

欧州委は今年1月に調査を開始した。

欧州委のアルムニア競争政策担当(副委員長)は

「著作権保護はEUの重要な礎だが、業界標準を確立する際には乱用されるべきではない」

との立場を示した。

サムスン電子はEUの判断を精査しているとし、

「当社がEUの競争法に則って行動しているとの判断を欧州委が下すと確信している」

とのコメントを発表した。

同社は欧州委の判断に対して返答するとともに、規制当局による審問を要請することが可能。

欧州委が最終的にサムスン電子の行為が法に抵触すると判断した場合、

サムスン電子は年間売上高の最大10%の制裁金が課される可能性がある。





米アップル、Mac生産の一部を中国から米国に移管─CEO

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、

同社のパソコン(PC)「Mac(マック)」の生産の一部を来年、

中国から米国に移管する計画を明らかにした。

6日発行のブルームバーグ・ビジネスウィーク誌にインタビューが掲載された。

クックCEOはまた、生産移管にあたり、

アップルが米国内で1億ドル超の資金を投じる方針を示した。

クックCEOはマックのどの製品を米国で生産するかには言及しなかったが、

最終的な組み立て作業だけでなく、

アップルと提携先企業は部品の大半もしくは全てを生産することになるとみられている。

米国の製造業者に中国への生産移管を促してきた重要な要因は労働コストの低さだが、

中国では製造業の拠点が集まる沿岸部を中心に賃金やその他のコストが急上昇している。

今回のアップルの生産移管は米国の製造業に恩恵をもたらすことが考えられるが、

クロス氏はその他の利点として知的所有権が侵害されるリスクを低減することができると指摘。




シェールガス革命で長期的にドル高加速の見方も

岩盤層に含まれる原油「シェールオイル」や天然ガス「シェールガス」。

この新しい資源の生産量が米国で急速に伸びている。

米国がエネルギー資源の自給に向けた動きを強めるなかで、

為替市場では長期的にドル高・円安の流れが進むのではないかとみられている。

国際エネルギー機関(IEA)は前週、世界のエネルギー見通しに関する報告書のなかで、

非在来型シェールガス開発などを背景に、

2017年までに米国がサウジアラビアを抜き、

世界最大の産油国になると予想。

さらに2030年頃までには米国が純石油輸出国になるとの見方を示した。

為替ストラテジストの間では、

米国で石油・天然ガス生産が増加した場合、同国のエネルギー輸入は確実に減少し、

経常赤字は縮小が見込まれるとして、ドル高を想定する向きが多い。

実際にそうした思惑からドル買い・円売りを意識する投資家も出始めているという。



サンディが米経済成長を押し上げへ-2400億ドルの復興作業で



米大統領選直後の30年債入札で大量落札 

米財務省が大統領選の2日後の11月8日に実施した160億ドルの30年債入札で、

投資ファンドが72億1000万ドルを落札していたことが政府の統計で23日、明らかになった。

投資ファンドによる落札額は前月の30年債入札からほぼ倍増。

オバマ大統領は6日の選挙で再選を決めたものの、

議会では上下両院の多数派が異なる「ねじれ」が続くため、

「財政の崖」への懸念が高まり、

選挙直後は株式などの高リスク資産から、安全とされる国債に資金が流入した。

こうしたなか前週の取引で、30年債利回りは2.695%と、9月5日以来の水準に低下。

23日の取引は2.829%で終えている。










*18日の東京市場は日経平均、TOPIXともに大幅続伸。

 円安進行で輸出関連株が値を飛ばす






日経平均    10913.30円(303.66円高)
         10787.12円─10913.30円
 東証出来高   38億6508万株
 東証売買代金  2兆2470億円







東京株式市場で日経平均は続伸。

17日の米株高や良好な米経済指標に加え、

外為市場での円安進行をきっかけに主力の輸出株を中心に買いが広がり、

全面高商状となった。

先物にヘッジファンドなど短期筋による買いや仕掛け的な動きが見られたほか、

為替が日中に1ドル=90円台で推移したことで、

日経平均は終盤にかけて上げ幅を拡大し、

高値引けとなった。

TOPIXは1月15日につけた昨年来高値910.52を更新した。
 
東証1部の売買代金は2兆2470億円となり、

連日の2兆円台と高水準だった。
 



日経平均・日足はマド空け「陽線」、先高期待の強さ示す


 日経平均の日足は高値引けの「中陽線」。

新たなマド(1万0694円85銭―1万0787円12銭)を空けて上伸し、

5日移動平均線(1万0760円81銭=18日)を抜いた。

15日の直近高値(1万0952円31銭)には届かなかったものの、

マド空け「陽線」は先高期待の強さを示している。

東証1部の売買代金は連日2兆2000億円の活況であり、引き続き買い意欲は強いとみて良さそうだ。

15日高値(1万0952円31銭)を抜ければ、次のターゲットは心理的な節目の1万1000円、

さらに2010年4月5日高値(1万1408円17銭)を目指す展開になる。

もっとも、昨年11月13日の直近安値(8619円45銭)から

15日高値(1万0952円31銭)まで短期間で2332円値幅の上昇を記録したことを考えれば、

値幅的にも日柄的にも調整が不足している。上値を伸ばせば伸ばすほど、

反動も大きくなることは覚悟すべきだ。


週足は非常に長い下ヒゲを伴う「短陰線」となった。

5週移動平均線(1万0547円64銭)がサポートラインとして機能し、引き続き上昇指向は強い。

すでに2012年3月高値(1万0255円15銭)を抜いたことで、

2011年11月安値(8135円79銭)をボトムとする逆三尊底が完成。

中期的なトレンド転換が明確になっている。ただ、

今回の足は「首つり線」とも呼ばれる足であり、売りの勢力が強くなってきたことも示している。

目先は調整があってもおかしくない。





新興株式市場は堅調、ジャスダックは昨年来高値更新


新興株式市場は堅調。

日経ジャスダック平均は続伸し、

1月16日に付けた昨年来高値1508.64ポイントを更新。東証マザーズ指数は反発した。

これまで物色が続いていたユーグレナやタカラバイオなどのバイオ関連株の一部に利益確定売りが出る一方、

ガンホー・オンライン・エンターテイメントやサイバーエージェントなどネット関連株や、

ジーンテクノサイエンス、ウエストホールディングスなどが買われた。

ジャスダックの売買代金は440億円で、連日の400億円超えと大商い。






東証1部騰落数は、

値上がり1473銘柄、

値下がりが152銘柄、

変わらずが71銘柄。

 


12月全国百貨店売上高は前年比1.3%減、2カ月ぶりマイナス



ドル急落し一時88円台、経済再生相の発言が調整売りを誘発


正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル安の89円前半。

昼近くに、過度な円安は国民生活にマイナスの影響もある、

との甘利経済再生相の発言が伝わったことをきっかけに急落。

正午過ぎには高値から1円以上下落し一時88.62円をつけた。

甘利明経済再生担当相は15日、過度な円安は輸入物価にはねかえり、

国民生活にマイナスの影響もあると述べた。

また、同相は為替水準は輸出と国民生活への悪影響を最小にする最大公約数に収まることを期待するとした。








押し目乏しい安倍相場、利益確定売りを拾う海外勢

円安と日本株高は一服し、

いわゆる安倍相場も小休止となっているが、下値は堅く押し目は限定的だ。

利益確定売りは出ているものの、

日本株買いや円売りのポジションを積めていない海外勢がすかさず拾う展開となっている。

このため、短期的な調整局面に入っても、値幅ではなく時間的な日柄調整になるとの見方が多い。

ヘッジファンドの買い戻しはかなり進んだが、

グローバルファンドなどの日本株組み入れ比率は依然アンダーウエートだ。

相場はいったん調整局面入りの可能性もあるが、彼らは機械的にウエート修正の買いを入れており、

株価は下がりにくくなっている。

短期的な調整局面に入っても、値幅ではなく時間的な日柄調整になるとの見方を示す。




1月18日(金)

3593 ホギメディ 4,105 - 15 反落 医療用キット製品の寄与で3Q累計業績の進ちょく率は高水準。

3091 ブロンコB 2,396 +226 大幅続伸 営業力強化で今期は過去最高益の連続更新を目指す。

6494 NFK-HD 92 +4 大幅反発 子会社が海外プラント向け加熱炉の大型案件を受注。

2131 アコーディア 82,800 +1,700 堅調 12月の既存ゴルフ場売上高は3カ月連続前年割れも。

4684 オービック 18,730 +440 7日続伸 3Q累計として2年ぶりの過去最高益という観測報道で。

2670 ABCマート 3,360 -225 大幅安 新株予約権付社債の発行で希薄化懸念。

3382 7&I-HD 2,675 +8 4日続伸 セブンイレブンが3月に四国初進出へ。






1/18 朝一のニュース速報掲載 : 朝一のニュース速報


◆キヤノン今期2割増益のもよう、マツダは上振れの公算 円安が収益押し上げ(日経)
◆セコムなど、中国で日本式介護(日経)
◆日産自、EV「リーフ」28万円下げ 4月に改定(各紙)
◆アコーディア株、PGMのTOB不成立 応募20%に届かず(日経)
◆ブリヂストン、タイに開発拠点 投資総額37億円(日経)
◆大陽日酸、工業ガス増産 米で能力2割増(日経)
◆川崎汽、インドネシアで自動車輸送(日経)
◆ソフトバンク、イーアクセス株67%売却(各紙)
◆日触媒、14施設の使用停止解除(日経)
◆ポーラHD、タイで直販拡大 コーセーは低額品(日経)
◆12年の百貨店売上高、16年ぶり前年比プラス(各紙)
◆トヨタ、新型「クラウン」1万9000台受注 目標の5倍近く(日経)
◆セブン&アイ傘下のセブンイレブン、3月に四国初進出(日経)
◆バンナムHD、12年4~12月期営業益が過去最高の見通し(日経)
◆ABCマート、初のCB 最大330億円、出店資金に(日経)
◆オービック、12年4~12月期経常最高益の公算 年間配当100円増(日経)
◆Jオイル、12年4~12月期営業益2割増のもよう(日経)
◆ホギメデ、年間配当14円増配し100円に(日経)
◆ユニデン、12年4~12月期営業益9割減の見込み(日経)
◆グランド、前期3期ぶり最終黒字 単独最終(日経)
◆川口化、12年11月期純利益36%減(日経)
◆ペッパー、12年12月期税引き益57%減(日経)
◆シャープ、12年12月期営業損益が数億円以上の黒字に(朝日)
◆昭電工、生分解性樹脂、フィリピンで生産、ライセンス供与(日刊工業)
◆りそなHD、りそな銀、再生支援5300社抽出、円滑化法終了に備え(日刊工業)
◆神戸鋼、キャッシュフロー1000億円捻出(日刊工業)
◆IHI、ダイムラーと合弁解消、ターボ製販、意思決定を迅速化(日刊工業)
◆エフテック、中国で開発業務拡大、設備導入、試作まで実施(日刊工業)
◆ブリヂストン、SiC単結晶ウエハー撤退、市場優位性困難(日刊工業)
◆NTN、大型軸受を量産体制、米大手から受注(日刊工業)
◆日立、調達品の品質向上、火力など電力供給関連設備(日刊工業)
◆明電舎、三菱自にPHV用供給、車載モーターなど基幹部品(日刊工業)
◆ソニー、スマホシェア奪回、プレステOS搭載も示唆(日刊工業)
◆ソフトバンク、イー・アクセス株系列外11社に譲渡(日刊工業)
◆UMNファーマ、季節性インフル用ワクチン、創薬元が新薬承認(日刊工業)
◆資生堂、新基剤を開発、ファンデーション素肌感と毛穴補正両立(日刊工業)



1/18の株価材料掲載: 明日の株価材料


2670 ABCマート
ユーロ円建てCBで最大330億円を調達

2686 Gフット
13年2月期単体決算予想、営業利益40.0億円→42.0億円、上方修正

3593 ホギメディカル
期末配当予想を26円に引き上げ、年間配当予想は前期比14円増の100円に

9856 ケーユーHD
100万株の自社株消却、発行株の4.3%

9984 ソフトバンク
イー・アクセス株の一部売却を発表










よろしければどうぞ、、、、
三日坊主の私にに
応援クリックよろしくお願いします、、、、



人気ブログランキングへ






トレンドを探る01/18        買われ過ぎ・売られ過ぎ01/18   

移動平均   ↑ 
パラボリック ↑           RSI       66.23
H&L転換 ↑           ストキャスティクス 92.59
ポイント&フィギュア↑        騰落レシオ     143.77
総合判定   ↑           乖離率        +2.19
総合判定    買われ過ぎ





01/18 1605 東1 国際帝石 大和 新規2 新規670000円
01/18 2121 マザ ミクシィ CS Neutral→UP 120000→150000円
01/18 2432 東1 DENA CS UP継続 2200→2800円
01/18 2914 東1 JT みずほ 買い継続 2900→3100円
01/18 4062 東1 イビデン 大和 3継続 1050→1500円
01/18 4063 東1 信越化 CS Neutral→OP 4300→6200円
01/18 4185 東1 JSR みずほ 買い継続 1800→2000円
01/18 4507 東1 塩野義 みずほ 中立継続 1350→1610円
01/18 4755 JQ 楽天 SMBC日興 1継続 850→900円
01/18 5002 東1 昭和シェル みずほ 中立継続 430→470円
01/18 5007 東1 コスモ石 みずほ UP継続 130→140円
01/18 5020 東1 JX みずほ 買い継続 530→610円
01/18 6367 東1 ダイキン CS Neutral継続 2600→3400円
01/18 6594 大1 日電産 大和 1継続 8000→6300円
01/18 6707 東1 サンケン電 三菱UFJMS Neutral→OP 330→443円
01/18 6750 JQ エレコム 三菱UFJMS OP継続 1925→1964円
01/18 6762 東1 TDK 大和 3継続 3300→3700円
01/18 6767 東1 ミツミ 大和 3継続 470→500円
01/18 6768 東1 タムラ製 三菱UFJMS Neutral継続 188→214円
01/18 6770 東1 アルプス 大和 3継続 450→590円
01/18 6779 東1 日電波 三菱UFJMS OP継続 1125→1567円
01/18 6806 東1 ヒロセ電 大和 3継続 8500→9500円
01/18 6807 東1 航空電 三菱UFJMS OP継続 779→809円
01/18 6832 東2 アオイ電子 三菱UFJMS OP継続 1847→1818円
01/18 6923 東1 スタンレ電 三菱UFJMS OP継続 1400→1555円
01/18 6971 東1 京セラ 大和 2継続 9500→9700円
01/18 6976 東1 太陽誘電 大和 3継続 700→760円
01/18 6981 大1 村田製 大和 2継続 5400→6500円
01/18 6988 東1 日東電 大和 2継続 4900→5500円
01/18 7518 東1 ネットワン 大和 1継続 1428→1142円
01/18 7915 東1 日写印 三菱UFJMS Neutral継続 860→1431円
01/18 8058 東1 三菱商 JPM Neutral→Over 1500→2200円
01/18 9020 東1 JR東日本 三菱UFJMS OP継続 6500→6800円
01/18 9022 東1 JR東海 三菱UFJMS Neutral継続 7500→7600円
01/18 9062 東1 日通 三菱UFJMS Neutral継続 300→330円
01/18 9064 東1 ヤマトHD 三菱UFJMS OP継続 1500→1700円
01/18 9065 東1 山九 三菱UFJMS OP継続 390→420円
01/18 9101 東1 郵船 三菱UFJMS OP継続 210→260円
01/18 9104 東1 商船三井 三菱UFJMS Neutral継続 210→280円
01/18 9107 東1 川崎船 三菱UFJMS OP継続 120→180円
01/18 9507 東1 四国電 SMBC日興 1継続 1350→1600円



01/17 1925 東1 大和ハウス 三菱UFJMS OP継続 1470→1880円
01/17 1925 東1 大和ハウス CS OP継続 1400→1700円
01/17 2331 東1 ALSOK 三菱UFJMS OP継続 1300→1400円
01/17 2501 東1 サッポロHD JPM Over継続 300→370円
01/17 3395 東1 サンマルクHD 三菱UFJMS OP継続 4200→4800円
01/17 4088 東1 エア・ウォーター 野村 Neutral継続 930→1150円
01/17 4204 東1 積水化 CS OP継続 830→1000円
01/17 4238 東1 ミライアル 三菱UFJMS OP継続 1627→2117円
01/17 4506 東1 大日住薬 みずほ 中立継続 950→1090円
01/17 4508 東1 田辺三菱 SMBC日興 2継続 1300→1200円
01/17 4523 東1 エーザイ CS Neutral継続 3250→3400円
01/17 4530 東1 久光薬 みずほ 中立継続 3950→4200円
01/17 4665 東1 ダスキン 三菱UFJMS Neutral継続 1400→1600円
01/17 4732 東1 ユー・エス・エス 三菱UFJMS OP→Neutral 9900→10000円
01/17 5332 東1 TOTO CS Neutral継続 580→740円
01/17 5401 東1 日鉄住金 JPM Over継続 220→250円
01/17 5406 東1 神戸鋼 JPM Neutral継続 80→90円
01/17 5411 東1 JFEHD JPM Over継続 1500→2000円
01/17 5423 東1 東製鉄 JPM Neutral継続 270→340円
01/17 6146 東1 ディスコ 三菱UFJMS Neutral継続 3537→4203円
01/17 6274 東1 新川 三菱UFJMS Neutral継続 345→500円
01/17 6501 東1 日立 野村 Buy継続 560→680円
01/17 6502 東1 東芝 野村 Buy継続 400→500円
01/17 6503 東1 三菱電 野村 Buy継続 850→900円
01/17 6640 東1 第一精工 CS Neutral継続 1500→1250円
01/17 6701 東1 NEC 野村 Neutral継続 145→210円
01/17 6702 東1 富士通 野村 Neutral継続 320→350円
01/17 6756 東1 日立国際 三菱UFJMS OP継続 721→775円
01/17 6762 東1 TDK みずほ 中立継続 3100→3200円
01/17 6807 東1 航空電 CS Neutral継続 670→710円
01/17 6841 東1 横河電 JPM Neutral継続 800→1100円
01/17 6857 東1 アドバンテ みずほ 中立継続 1270→1400円
01/17 6871 JQ マイクロニクス 三菱UFJMS UP継続 242→246円
01/17 6905 東1 コーセル 三菱UFJMS Neutral継続 955→1155円
01/17 6963 大1 ローム 三菱UFJMS Neutral継続 2600→2800円
01/17 6976 東1 太陽誘電 みずほ 中立継続 640→760円
01/17 6986 東1 双葉電 三菱UFJMS OP継続 1630→1600円
01/17 6996 東1 ニチコン 三菱UFJMS OP→Neutral 630→730円
01/17 6997 東1 日ケミコン 三菱UFJMS Neutral継続 120→170円
01/17 7012 東1 川重 SMBC日興 2→1 200→310円
01/17 7202 東1 いすゞ CS OP継続 630→730円
01/17 7205 東1 日野自 CS OP継続 890→1250円
01/17 7262 東1 ダイハツ CS OP継続 2000→2220円
01/17 7267 東1 ホンダ CS Neutral継続 2570→3600円
01/17 7269 東1 スズキ CS UP継続 2090→2180円
01/17 7272 東1 ヤマハ発 CS Neutral継続 960→1090円
01/17 7522 東1 ワタミ 三菱UFJMS Neutral継続 1800→1700円
01/17 7729 東1 東京精 三菱UFJMS OP継続 1345→1651円
01/17 7817 東1 パラベッド 三菱UFJMS OP継続 3200→3700円
01/17 8035 東1 東エレク みずほ 中立継続 3500→4000円
01/17 8630 東1 NKSJHD CS Neutral継続 1400→1900円
01/17 8725 東1 MS&AD CS OP継続 1670→2100円
01/17 8729 東1 ソニーFH CS UP継続 1290→1520円
01/17 8750 東1 第一生命 CS OP継続 111200→147500円
01/17 8766 東1 東京海上 CS Neutral継続 2230→2750円
01/17 8795 東1 T&DHD CS Neutral継続 790→1130円
01/17 8806 大1 ダイビル 三菱UFJMS OP継続 800→950円
01/17 8879 東1 東急リバ 三菱UFJMS OP→Neutral 1280→1430円
01/17 8976 東 大和オフィス マッコーリー OP継続 305000→335000円
01/17 9508 東1 九州電 SMBC日興 1継続 1000→1250円
01/17 9509 東1 北海電 SMBC日興 1継続 1100→1500円
01/17 9735 東1 セコム 三菱UFJMS Neutral継続 4000→4200円
01/17 9783 大1 ベネッセHD 三菱UFJMS OP継続 4400→4700円
01/17 9792 東1 ニチイ学館 三菱UFJMS Neutral継続 620→680円

















<原発40年運転制限、変更の可能性を示唆=経産相>

茂木敏充経済産業相は28日、

ロイターなどのインタビューで、

原発の運転期間を40年間に厳格に制限するという民主党前政権の方針について、

変更の可能性を示唆した。

前政権のもとで進めた小売りの完全自由化などの電力改革については「方向性は明確」と述べ、

方針の継承は可能とする一方で、原発の国策民営の見直しについては否定的な見解を示した。

茂木経産相は同日午前の閣議後会見で、

今年9月に前政権が掲げた

「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう政策資源を総動員する」

との脱原発方針について、

「2030年代に原発ゼロという決めつけはしない」

と見直しの意向を表明。

原発稼働ゼロは、

1)40年運転制限を厳格適用する、

2)原子力規制委員会の安全確認を得たもののみ再稼働する、

3)原発の新増設は行わない、という3つの基本方針で構成していたが、

同相は27日未明の就任会見で、新増設について

「現時点でイエス、ノーを決めるのではなくて、専門的知見を十分に蓄積した上で今後の大きな政治判断になっていく」

と、前政権からの方針転換に含みを残した。

経産相はインタビューで、

脱原発へのもう一つの柱となる40年運転制限の扱いについて、

「新政権が出来たわけだから、根底から全て(の見直し)はやらないが、検証が必要な問題はきちんと検証した上で今後の進め方を決めたい」

と指摘し、この点についても変更の可能性をにじませた。

40年運転制は、今年改定された原子炉等規制法でも規定されているが、

「20年を超えない範囲で1回に限り」延長可能。

また、今年6月にまとまった、同法改正に向けた当時の与野党協議で、自民党側の主張により

「必要があるときは見直す」との条項が付き、変更の余地を残している。

<国策民営は維持の方向か>

民主党の枝野幸男・前経産相は、電力小売りの全面自由化や発送電分離などの電力改革を進めた。

電力システム改革の今後の扱いについて茂木経産相は、「

送配電部門の中立性を高めること、広域系統運用の拡大については方向性は明確」

と指摘し、改革路線を受け継ぐことは否定しなかった。

自由化拡大で競争が激化すると、電力会社にはコスト削減圧力が強まるが、

原発の安全対策費は今後増える見込みで、国策民営を維持したままでは、

完全自由化などの電力改革で実効を上げるのは困難との見方もある。

枝野氏は、大惨事となった福島第1原発事故を起こした

東京電力が法的に破綻処理されずに政府から巨額の資金支援を受けたことを踏まえ、

「原発は事実上、国が運営する以外にはない」と、民営方式の見直しを主張している。

「電力自由化と原発の国策民営は相性が良くないのでは」との質問に対し茂木経産相は、

「その印象と私が具体的に進めていくことは必ずしも一致しない。

原子力については安全性を第一に考える。その観点からどういう組織、

経営形態がいいのかということを判断していきたい」と語った。



<海外エコノミスト>、

自民への期待低く日本経済の地盤沈下続くとの見方

16日の衆院選で日銀の大胆な金融緩和や公共投資拡大などを掲げた

安倍晋三総裁率いる自民党が大勝したが、

海外エコノミストは、自民党の政策方針では、

ここ10年弱で世界経済の主役から端役に後退した日本経済を浮揚させることはできないとみている。

財政出動や金融緩和ですべて解決すれば、そもそも日本が不況にならなかったはずだ。

投資家は期待し過ぎかもしれないと指摘。

1%というインフレ目標さえ達成できていない状況で、安倍総裁の2%目標など意味がない、

加えて、自民党政権時代の日本は不動産・株バブルの崩壊に見舞われ、長期のデフレに陥った。

「完全には可能性を否定しないが、政策の大転換が起こることにやや懐疑的だ」


高齢化の足かせ

日本の労働年齢人口は、バブル崩壊直前の1980年代終わりにピークを打ち、

2000年代になって減少傾向をたどっている。

消費が低迷し、企業が設備投資に消極的になった。

現在最大0.5%とみられている日本のトレンド成長率はマイナスになる可能性も

日本の総労働時間は20年間で15%も減少

日本の女性の労働参加率は米欧のレベルまで上がったが、

労働年齢人口は政府の予測でこの10年に9.4%減少

労働人口の減少を補うべき外国人の就労は厳しく規制されている。

「労働力を増やしたいかどうか。この質問に日本はこれまでのところノーと答えている。それが成長の決定因子だ」

日本が債券市場からプレッシャーを受けていないことから、

安倍総裁はアイルランドやポルトガル、スペインが進めているような

生産性向上や成長促進のための厳しい構造改革を断行する気はないとみている。

「すでに富裕な社会が、新たに台頭したライバルに対する優位を維持するため、

わざわざ苦痛を伴う改革を断行して名高い社会的調和を乱す必要があるのか」

という問題だ。

日本は過去20年、米国やユーロ圏ほどでないにしても1人あたりGDPを増やし続けてきた。

失業率は格段に低い水準を維持している。

オニール氏は、市場が容認する限り、

日本が「ハッピーな不況」を堅持するのは理にかなっているのかもしれない、

という結論に至ったとしている。



<政治の危機感薄い「企業競争力低下」>

こう言う見方も、

円安効果に限界も

16日の投票に向け各政党の活動がヒートアップしている衆院選だが、

日本の国力を左右する企業の「国際競争力の強化」に関して全く議論が展開されていないのは、

どうしたことだろうか。

日本貿易会が6日に2013年度も貿易赤字になるとの見通しを発表したが、

その原因には、

原発の不稼働だけでなく、

日本企業の国際競争力低下。

競争力の低下が継続したまま、

円安が進行しても企業収益増と貿易収支の黒字転換は思惑通りに進まないだろう。

政治家の危機意識は、非常に浅薄である。



2013年度も貿易赤字高止まり

日本貿易会が6日に発表した見通しでは、

2013年度の貿易収支は5兆7320億円の赤字と

12年度見通しの5兆7790億円から微減の水準にとどまる。

見通し通りなら貿易赤字は3年連続となる。

13年度の輸出見通しを商品・産業ごとにみていくと、



高機能素材や工作機械、自動車と同部品がけん引役になるという。

一方、電気機器は減少が続くと予想されている。

2012年度上半期をみると、

半導体等電子部品、電算機類、半導体等製造装置、液晶テレビなどの映像機器、スマートフォンなどの

通信機等を合わせた減少額が輸出総額の減少額の7割相当になったとしている。


経常収支ベースでの輸出額は、

2011年度の6兆2628億円から12年度に6兆0612億円となり、

13年度は6兆1399億円の見通しで、停滞傾向を示している。

11年度は東日本大震災の影響でサプライチェーンが寸断され、輸出産業に大きな影響が出た。

しかし、サプライチェーンが復旧しても日本の輸出は増加傾向を取り戻せていない。


足を引っ張る電機の競争力低下

この大きな要因は、電機メーカーの競争力低下に起因しているところが大きい。

主力商品のコモディティ化によって、大幅赤字に転落した企業が相次ぐ中、

次の主力商品をどのように創り出していくのか、具体的なプランが動き出しているところは、

極めて少数のように見える。

電機産業の競争力回復は短期的には見込めず、輸出増大への展望は開けない。

3年連続で貿易赤字になる見通しになっている大きな要因として、

国内の原発稼働率が低く、

液化天然ガス(LNG)の輸入増に代表されるエネルギー輸入の増大問題がある。

しかし、今のような輸出不振が継続すれば、原発の再稼働が進んだとしても、

日本の貿易赤字が継続するとの試算も一部であるようだ。



円安でも輸出増加しない構図できる可能性

こうした日本企業の競争力低下を放置したまま、

円安の推進を政策的に展開しても、

マーケットが予想しているような企業業績の好転と貿易収支の黒字化に結びつかない公算が大。

そのことにマーケットが気づいた時、円安と株高の連動というモメンタムは衰弱し、

円安と株安が連動しやすい市場地合いに移行する可能性が高いと予想する。

だとすれば、日本国の運営に責任を持つ政治家は、日本企業の国際競争力の低下にもっと危機感を持ち、

その反転を促すには何をするべきか、政策メニューを具体的に掲げるべきだ。



競争力強化には研究・開発の支援が不可欠

企業の研究・開発を促進するような税制を含めた財政的な支援が必要だと考える。

実際、自動車の車体にも使用が検討されている炭素素材などの高機能素材に関しては、

日本企業の競争力が高く、輸出額はウナギ上りに増加しそうだ。

高い技術力にサポートされた独自技術の存在が、日本経済の救世主。

企業が稼ぎ、税収を上げなくては高齢化の進む日本で社会保障システムを維持していくことは、

ますます困難になる。

成長力を上げるために、金融政策だけに依存することは、

双発エンジンの飛行機で片側のエンジンが止まっていることに等しい。

16日の投票日までの間に、成長力の引き上げには企業の競争力の低下に歯止めをかけ、

引き上げることが不可欠であるという点について、議論が深まることを期待したい。






<安倍首相誕生織り込み円安・株高、海外経済厳しく>




民主党の「縮小均衡の分配政策」から「成長による富の創出」への転換を図ること。


1日も早いデフレ・円高からの脱却に最優先で取り組む方針、

あらゆる政策手段を導入し名目3%成長を目指す、

2%の物価目標を設定。


ドル/円は前日の海外市場で

81.46円まで上昇して

4月25日以来の高値を付けたが、

一服感も出始めてきている。

目先は日銀法改正、

白川総裁早期退任観測やネガティブ金利政策といった

極端な材料までこなしつつ上昇していることから、

これ以上期待が膨らむ可能性は低そうだ。


また、安倍総裁が掲げる政策が実現するかどうかもまだわからない。

12月16日と想定されている総選挙までには1カ月あり、

どのような政権が樹立されるかは未知数だ。

市場では選挙の争点が為替相場のように思われているが、

実際には自民党の原発推進政策、公共投資拡大などが争点だろう。

本当に国民がこのような政策を受け入れるのか。

市場が期待しているほど自民党の票が伸びない可能性もある。

さらに円債市場では、安倍総裁が掲げる政策のネガティブな影響を懸念する声もある。

安倍総裁が15日の講演で、

日銀はゼロかマイナス金利にするぐらいにして貸出を高めてもらいたいと発言したことで、

現時点では超過準備の付利引き下げへの思惑が高まり、

株高にもかかわらず円債先物は上昇している。

インフレ目標や、

財政拡張による景気刺激、

デフレが継続した場合の消費増税延期といった安倍氏の発言をみれば、

債券売りの材料も多く隠れていることには十分に留意。



経済財政運営に関しては、

欧州債務問題深刻化、

新興国の景気減速、

消費税引き上げに伴う需要不足等のマイナス要因、

リスクに備え、弾力的かつ十分な政策対応を行っていくとし、

今後2─3年は当面の景気の落ち込みと今後のリスクに対応できる、

より弾力的な経済財政運営を準備すると機動性を強調。

衆院選後の新政権発足後、

速やかなに補正予算を編成し、新年度予算と合わせ切れ目ない経済対策を実行する。

補正予算については茂木敏充事務総長は、「相当な規模になる」と語った。

海外リスク、エネルギー危機、自然災害等へのリスク対応力を強化するため、

全国レベルで生活インフラ、ライフライン等の見直しを行うと同時に、

危機タイプ別の緊急時対応計画を策定する」方針を盛り込んだ。

また、成長戦略の推進と「ニッポン産業再興プラン」の実行を掲げ、

世界で勝ち抜く製造業の復活と付加価値(所得)の高いサービス産業の創出を目指す。

具体的には、「産業競争力強化法(仮称)」の制定による先端設備投資の促進や

戦略的な長期資金に対する政策金融の強化(融資から出資へ)を挙げた。

また、企業の海外流出防止策として「立地競争力復活」プランを掲げ、



電力・エネルギー制約の克服や法人税の20%台への引き下げを明記した。



さらに、成長するアジア経済圏の活力を取り込むため、

日本企業の活動を「金融、情報、制度前などで支援」する。

また、「アジア圏内の通貨・金融面での連携強化」を図るほか、

戦略的な海外投資と経済連携協定、国際資源戦略に取り組む方針を明記した。



米国の政府債務は約16兆ドル、州の債務も4兆ドルある。

「財政の崖」がたとえ回避されたとしても、

20兆ドル(1ドル81円で1620兆円)にのぼる「借金」が消えるわけではない。

いずれ財政再建に取り組まなければならないことには変わらず、

財政緊縮による景気減速を織り込み始めているのではないかと分析、、、、、、、







よろしければどうぞ、、、、
三日坊主の私にに
応援クリックよろしくお願いします、、、、



人気ブログランキングへ







 <金価格、来年2000ドルつける可能性>

バリック・ゴールド

世界最大の産金会社、カナダのバリック・ゴールドは12日、

金価格が2013年にオンス当たり2000ドルをつける可能性があるとの見通しを示した。

コスト上昇や生産の制約によって供給が抑えられ、

各国中銀や中国消費者の需要が引き続き増大するためとしている。

ソカルスキー最高経営責任者(CEO)は、

経済の不透明感やアジアでの新たな投資ツールでより多くの投資家が貴金属に向かい、

供給が需要増に対応しようとするなか、価格上昇の前兆がみられるとの見方を示した。

中国が金の購入を増やして金投資需要も拡大し、

各国中銀が以前の売りではなく金購入を引き続き増やして需要が増大し続ければ、

金価格は来年中に2000ドルか、おそらくそれを上回ると予想できると指摘。

「一種の需要主導の動きとなるだろう」と見通した。





 <米、2017年までに世界最大の産油国に>


国際エネルギー機関(IEA)は12日、

世界のエネルギー見通しに関する報告書を公表し、

非在来型シェールガス開発などを背景に、

米国が2017年までにサウジアラビアを抜き、

世界最大の産油国になるとの見方を示した。

米国の石油生産量は2015年までに日量1000万バレル程度に増加、

2020年には同1110万バレルに達し2035年までには同920万バレルに減少すると見込まれている。

一方、サウジの生産量は2015年まで日量1090万バレル、

2020年は同1060万バレルで推移し、

2035年までに同1230万バレルに増加する見通し。





<日本企業の東南ア投資加速、>

「チャイナ・プラスワン」活発に

領土をめぐる対立で日中間の緊張が高まる中、

中国リスクを回避するために他国に進出する

「チャイナ・プラスワン」の取り組みが活発化している。

円高を背景に海外事業を拡大する日本企業の間でも、

リスクが見込まれる中国への過度な依存を避け、

東南アジア各国を代替の製造拠点として活用する動きが次第に強まってきている。

日本の製造業者の約4分の1が中国への投資計画を見直していることが明らかになった。





<ファミリーマートがフィリピン進出、>


17年度末までに300店舗展開

ファミリーマートは5日、フィリピンに進出すると発表した。

ファミリーマート、伊藤忠商事、現地企業の3社で合弁会社を設立、2013年2月にマニラ周辺に1号店を出店する。

2013年度に30店舗程度、17年度末までに300店舗程度の展開を予定している。

合弁を組む現地企業は、

フィリピン最大規模の財閥で、金融や不動産など幅広い事業を手掛けるAyalaグループと、

フィリピンの大手小売グループであるRustanグループの共同出資により設立されたSIAL CVS RETAILERS。


出資比率はSIALが60%、ファミリーマートが37%、伊藤忠が3%。





<日経平均は小動き、オバマ再選の影響は限定的>




オバマ大統領の再選により米国の金融緩和路線は継続することになる。

ドル安・円高圧力

がかかり相対的な米株優位の状況に変わりはない。

ただ米住宅市場などは今後ミニバブル化する可能性もある。

資産価格上昇を通じて米国景気が回復すれば日本株が一方的に売られるということもなさそうだ。

ヘッジファンドのポジション巻き戻しが一巡し、

年末にかけては外需株から内需株への資金シフトが予想される



<ホンダが小型ジェット機の生産を開始>


「空のシビック」目指す

ホンダは31日、

航空機事業を手掛ける米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)」が、

5人乗りの小型航空機「ホンダジェット」の生産を米ノースカロライナ州グリーンズボロで始めたと発表した。

低燃費や斬新なデザイン、

低価格で30年前に米自動車業界に衝撃を与えた乗用車の初代シビックになぞらえ、

「空のシビック」を目指す考えだ。

ホンダによると、受注は既に100件を超えている。

同社はHACIの生産能力を2─3年以内に年産100機に引き上げる方針だ。

ただ、小型ジェット機市場への参入では課題にも直面。

中でも、主翼上面にエンジンを取り付けた奇抜なデザインや、サービスやメンテナンス面での実績不足は懸念材料だ。

ホンダジェットは、まずは北米や欧州市場をターゲット




<G20開幕、減速へ危機感共有>



20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が4日夕(日本時間5日午前)、

メキシコ市で開幕した。欧州債務問題に端を発した世界経済の減速が主要な議題となる。

先進国と新興国は景気の下振れ回避に向けて危機感を共有し、協調して打開策を探る。

日銀の白川方明総裁は会議前、

記者団に対して「世界経済はやや減速感を強めている」と懸念を表明、

各国が足並みをそろえて対応することが重要だと指摘。






<地球温暖化で魚のサイズ小型化>、

漁獲量も減る可能性

加ブリティッシュ・コロンビア大学の研究チームは30日、

地球温暖化の影響で海中の酸素の量が減り、

その結果、2050年までに魚のサイズが小型化して、

漁獲量も減る可能性があるとの調査論文を発表した。

専門誌「Nature Climate Change」に掲載された同論文は、

温暖化ガスの排出が急速に増えた場合、

タラやカレイ、ヒラメなど海産魚600種の平均最大体重は、

2050年までに2000年時点に比べ14─24%縮小すると予想。

調査を率いたウィリアム・チェン氏は、ロイターの取材に

「魚のサイズの小型化は生態系全体に影響する」と述べた。

論文では、魚の小型化の傾向が海洋食物連鎖を通じ、漁業にも密接に関わってくると指摘。「海洋生態系で温暖化ガス排出の削減に失敗した場合の影響は、従来の想定より大きくなる可能性が高い」としている。

同チームによれば、地球温暖化による水温上昇によって海中酸素が減ることが、

魚の成長を阻害する主な要因。

チェン氏は

「魚が大きくなるに従い、成長するのに十分な酸素を得るのが難しくなる。

体が大きくなれば、それだけ酸素を必要とする。ある時点で、魚の成長は止まるだろう」と述べた。

海面の温度が上昇すると、その部分の水は軽くなるため、海面付近の水と魚が多く生息する深層の水は混ざりにくくなる。

また、水温の上昇が魚の代謝を高める可能性も指摘されている。

研究チームは、魚の平均最大サイズが最も大幅に縮小するのはインド洋の24%減だとし、

以下、大西洋で同20%、

太平洋で同14%


小さくなる可能性があると予想している。







<中国関連ファンドの延期や中止相次ぐ、>

日中間の緊張感の高まりで

中国関連ファンドの設定延期や中止が相次いでいる。

尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題を背景とした日中間の緊張感の高まりから、

募集が低調なためとみられている。

ユナイテッド投信投資顧問は10月1日設定予定だった中国A株オープン(設定額300億円)の設定を中止。

現在の日中関係の緊張の高まりから、募集が低調だという。

岡三アセットマネジメントも10月24日設定予定だった中国A株オープン(設定額100億円)の設定を延期した。

岡三アセットマネジメントは「設定環境が芳しくない」としている。

また三井住友アセットマネジメントも10月31日設定予定だった中国利回りファンド(設定額200億円)の設定をいったん取り止めた。

「日中関係の緊張」が理由という。

一方、SBIアセットマネジメントは10月30日設定予定の中国人民元投資信託(設定額70億円)について、設定続行としている。



<生産は3四半期連続低下が濃厚、>

景気後退入りの可能性も

日本の生産が10─12月まで減少を続け、

実質成長率も2四半期連続でマイナスとなる可能性が高まってきた。

エコカー補助金切れで大きく落ち込む自動車に加えて、

想定していた回復がいまだに見えない中国経済、

さらに尖閣問題による中国内の不買運動の長期化リスクという3重苦が予想され、

市場では景気後退入りも取りざたされてきた。




<8月鉱工業生産は停滞色強める>、

中国向け携帯部品など下押し

経済産業省が28日発表した8月鉱工業生産指数速報は2カ月連続の低下となり、

一段と下振れ傾向を強めていることが明らかになった。

中国の携帯電話生産の落ち込みを背景とした電子部品生産の減少や、

国内外での自動車販売の減少が下押し要因。

予測指数を前提にすると、7─9月は前期比3.6%の低下となる見通しで、

2期連続の悪化となる可能性が高い。経済産業省は生産の基調判断を「横ばい傾向にある」から「弱含み傾向にある」に下方修正した。

8月の鉱工業生産(2005年=100、季節調整済み)は前月比1.3%低下の90.5となり、2カ月連続の低下となった。

ロイターの事前予測調査では前月比0.5%低下と予想されていたが、発表数値は予想を下回った。





<安倍自民新総裁の主な政策>

26日に行われた自民党総裁選で選出された安倍晋三元新総裁のテーマごとの政策は以下のとおり。


●財政・金融政策・円高是正

1日も早いデフレ脱却と成長力底上げによる所得向上・雇用創出。

政府と日銀が協力して大胆な金融政策などデフレ脱却のための政策を総動員。

2─3%の緩やかで安定的なインフレを達成。

円高を是正し、経済を成長させていく。「日本経済再生本部」を創設し、新たな成長戦略を策定。


●一体改革・3党合意、特例公債法案

3党合意は進めていくのは当然。

消費税に軽減税率を導入、

社会保障制度を確立。

まず選挙をやってから国民会議をやる。

消費税引き上げ時期を間違えると結果として経済の腰を折る。

デフレが続いている間は上げるべきではない。


●外交・安保、日中関係

日米同盟強化など外交・総合安全保障の確立。

大事なのは日米同盟の強化。

集団的自衛権を認めていく。

その上で中国と戦略的互恵関係にしていく。

排他的経済水域、12海里には断固として入れない、この意思を中国政府に伝えるべき。


●環太平洋連携協定(TPP)

経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)の推進による地域づくり。

TPPの「聖域なき関税撤廃」に反対。



<気候変動で2030年までに1億人死亡も>


国際援助に関する非営利組織DARAは26日、

気候変動に対する適切な対策が講じられなければ、

2030年までに世界で1億人以上が死亡し、

国内総生産(GDP)を3.2%押し下げる要因になるとする報告書を発表した。

この報告書は、発展途上国20カ国で構成する「気候変動に脆弱性を持つ諸国会議」の委託でDARAがまとめたもの。

同報告書は、地球温暖化ガスの排出で世界の平均気温が上昇するのに伴い、

氷床の減少や異常気象、

干ばつや海面上昇などが起こると指摘。

気候変動がもたらす大気汚染や飢餓、

病気による死者は毎年500万人に上ると推計し、

化石燃料の使用ペースが現在の水準のまま推移すれば、

この数字は2030年までに600万人に増えるとしている。

報告書の発表を受け、

バングラデシュのハシナ首相は

「気温が1度上昇すれば、農業では10%の生産性損失につながる。

わが国にとっては穀類約400万トン、金額にして25億ドルを意味する。

GDPの約2%だ」と指摘。

それ以外の要因も含めると、気候変動による経済的損失はGDPの3─4%になると述べた。





<インドネシア経済、2030年までに英国抜く可能性>

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)は18日に発表されたリポートで、

インドネシアが2030年までに英国を抜き世界第7位の経済大国になる可能性があるとの見方を示した。

米コンサルタント大手マッキンゼー・アンド・カンパニー系のMGIは、

インドネシアの人口動態や都市化、

中間所得層の拡大が経済成長の追い風になるとした。

世界第4位の人口を抱えるインドネシアの消費人口は2030年までに9000万人増加し、

サービス部門では1兆1000億ドルの経済効果が見込まれるという。

経済成長の妨げとなっている

長年の保護主義、

過剰規制、

脆弱な物流インフラを改善する必要があるとした。

インドネシアは年率で5%以上の成長を維持しているが、

2030年までに英国を追い抜くには6%の成長が必要となる。

第2・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、

中間層の消費拡大や投資増で、

予想を上回る前年同期比6.4%となった。

インドネシアが目標成長率を達成するためにはさらに熟練労働者が必要。





<世界一のネット充実国はスウェーデン、日本20位=調査>

ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の考案者ティム・バーナーズ・リー氏が設立した団体による調査では、

インターネット環境が世界で最も充実した国はスウェーデンとなった。

日本は20位となっている。

2.米国3.英国4.カナダ5.フィンランド6.スイス7.ニュージーランド8.オーストラリア9.ノルウェー


アジアのトップはシンガポールの11位で、韓国13位、日本20位、中国29位、インド33位などとなっている。






<世界の鉄鉱石デリバティブの取引量、8月は過去最高に>


8月の世界の鉄鉱石スワップ/オプションの取引量が約1800万トンとなり過去最高を記録した。

スティール・インデックスによると、

シンガポール取引所での鉄鉱石スワップの取引量は1488万トン、

CMEグループが運営している先物取引所でのオプションの取引量は230万トン超となった。

指標となる鉄鉱石価格.

IO62-CNI=SIは、最大の消費国である中国の鉄鋼需要減少から、

8月30日に2009年10月以来の安値をつけた。

鉄鉱石価格は7月初めの水準から34%以上下落している。






<干ばつによる穀物価格高騰>

食肉価格上昇につながる見通し=米農務省

米国の深刻な干ばつによる穀物価格の高騰は、

家畜飼料コストを押し上げ、

一部の家畜生産者に家畜の清算を余儀なくしており、

食肉供給の減少と食肉価格の上昇につながる見通し。

米農務省は、牛肉と子牛肉の価格が今年最大4.5%、

来年最大5%上昇すると予想している。

豚肉価格は今年最大3%、来年は最大3.5%上昇する見込み。

失業率の高止まりとガソリン価格高で米国民が消費を手控えるなか、

食料品価格が上昇すれば、

中間層の裁量支出が減少し、

米経済が一段と圧迫されることになる。

トウモロコシを原料とするエタノールをガソリンに含むことを義務付けた連邦規則と干ばつの経済的影響について、

最大300億ドルにのぼる可能性があるとの見方を示した。

消費支出への最初の影響は10月末のハロウィーンまでに出始めると予想。

トウモロコシを主な飼料とする鶏や他の家畜に由来する製品に一定の支出手控えが見られるだろうと指摘した。

米国民が休暇に向けた料理を準備し始めるころには牛乳や卵の価格も上昇し、

2013年までにはほぼすべての食料品価格が上昇する






<急成長するLNG>、

従来型燃料の独占脅かす見通し

液化天然ガス(LNG)は世界で最も急成長している燃料であり、

新たな発見によって、

従来型の石油・ガス市場を主導してきた

中東や欧州の長年にわたる独占を脅かす見通しだ。

東アフリカとオーストラリアでの発見により、

天然ガスは2030年までに石炭を抜いて世界2位の燃料源となり、

その後、1位の石油にも迫る勢いが見込まれている。





<中国は危険領域に入りつつあるバブル崩壊の可能性>


日銀副総裁

日銀の西村清彦副総裁は21日、

シドニーでオーストラリア準備銀行(RBA)・国際決済銀行(BIS)共催コンファランスに出席し、

日米中の住宅価格高騰と人口動態などの相関について講演。

西村副総裁は、

中国の急激な住宅価格上昇を踏まえ、

少子高齢化などの人口動態の変化と

不動産バブル、住宅ローン急増が一致すると、

金融危機が発生しやすくなると指摘。

中国は『危険領域』に入りつつあると警鐘、、、、、、。

金融引き締めなど金融政策でバブルを未然に防ぐ場合、

一時的にしかバブルの拡大を止められないこともあると有効性に慎重な見方を示した。

差し迫った経済・金融危機に直面していない国民に対して政策担当者がバブルの危険性を説得するのは難しいため、

バブルの原因である楽観的な見通しに対し「公的部門もしばしば責任がある」と指摘。

バブルが進んだ段階で金融引き締めの発動が遅れると、

崩壊が遅らせ結果として大規模な崩壊を招くリスクがあるとした。

一方、大胆な引き締め策が経済を過剰に殺す可能性、、、、、。

少子高齢化が急速に進む社会では

伝統的な政策手段の有効性が損なわれるとも指摘。

悪性のバブルが崩壊する過程で何が適切な政策かは「ほとんどわからない」と述べ、

政策担当者にとって喫緊の課題だと強調、、、、、、。





<国内2013年度予算 >


「国債費」を除く政策的経費の大枠を71兆円以下、

新規国債発行を44兆円以下に抑制する方針。

日本再生戦略.....あす閣議決定 政府の国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)は30日、2020年までの成長目標などを示した日本再生戦略をまとめた。

与党との調整を踏まえ、環境・エネルギー、医療・健康、農林漁業の3分野と、

担い手の中小企業を最重要分野と位置付けた。

31日に閣議決定する。(時事通信)

2020年度までの平均で

経済成長率を名目3%、

実質2%に高める目標、

分野ごとに2020年度の目標に加えて2015年度の中間目標を新設したところが新しい。

環境関連産業で、

新築住宅の省エネ基準の達成率を2010年の42%から100%に引き上げる、

新車販売に占めるハイブリッ ド車など次世代自動車の割合を同10%程度から50%に引き上げる。

省エネ・耐震工事を普及させて中古住宅流通市場の規模を20兆円に倍増させることも盛り込んだ。

医療・介護分野では、革新的な医薬品の開発や再生医療の実用化などで新たに50兆円規模

農漁業者が生産(1次)から加工(2次)、販売(3次)まで一体的に手掛ける

「6次産業化」では、関連市場を10兆円に拡大する目標を立てた。 

鉄道 や上下水道などインフラの海外輸出で19.7兆円の市場を創出。

アニメなど「クール・ジャパン」として海外で人気が高い日本文化の輸出でも、17兆円を目指す。

観光分野では、訪日外国人旅行者を2010年の861万人から2500万人に引き上げるとの目標は踏襲した。








「投資」は危険だとかリスクがあるとかという

イメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、

正しい情報を手に入れることで

リスクなく稼ぐことは可能です。


これからの未来に少しでも不安があるのでしたら、

あなたにも出来る「投資」を知っておくべきです。


投資はあなたは働く必要がありません。

お金が働いてくれて、

大きなお金を持って帰ってきてくれるのです。


本来ならば素人がいきなり手を出したところで

短期でザクザク稼げるほど株式投資は甘くありません。

常に相場の転換に注意を払うことは難しいですし、

相場に対処できるようまでにはとても長い道のりといえます。

しかし、

相場を理解できる能力を身につけ、完全なトレード方法を身につけたら

資産を増やすことなんて簡単なことなんです。

素人では分からないあるポイントさえ知ってしまえば

株式投資はただの稼ぐための手段にしか過ぎません!



株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方



2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術



GoldLaw 株式黄金法則 200億円儲けた相場師是銀の幻の投資法が今あなたの手に



カウンタートレンドFX2012 5通貨ペア版



【SCB】スピードキャッシュバイナリー(60秒バイナリーオプション専用自動売買システム



【ザ・イージー】バイナリーオプション専用自動売買システム





その方法とはバイナリーオプションになります。

最近よく耳にするようになったこの投資手法は

投資の専門的知識も必要としない為、

初心者でもすぐに始めることが出来る簡単な手法になります。

「だからって、そんなに簡単には稼げないでしょう?」たしかにそうです。

しかし、

このバイナリーオプション投資であるツールを使うことで

あなたもプロの投資家以上に稼ぐことが可能なのです!!


そのツールが「豪GOバイナリー」

その驚くべき稼ぎっぷりを

コチラからご確認ください!!




【小笠原良行】豪GOバイナリー|GoGoBinary



ついにFXの金のクモの糸が販売開始!ゴールデンスパイダーFX 





三日坊主の私にに
応援クリックよろしくお願いします、、、、






人気ブログランキングへ


長い文面最後までお読み頂き、ありがとうございました。

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方 2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術GoldLaw 株式黄金法則 200億円儲けた相場師是銀の幻の投資法が今あなたの手に
カウンタートレンドFX2012 5通貨ペア版【SCB】スピードキャッシュバイナリー(60秒バイナリーオプション専用自動売買システム【ザ・イージー】バイナリーオプション専用自動売買システム【小笠原良行】豪GOバイナリー|GoGoBinaryついにFXの金のクモの糸が販売開始!ゴールデンスパイダーFX 


長い文面最後までお読み頂き、ありがとうございました。



【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~



犬しつけ ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。