デイトレの長所は何か - •ニューヨークなど他の市場の影響を受けにくい。 (とにかく日本の市場は海外市場に左右されやすい。 (株式→先物→FX→株式→FXなど)
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月13日 (木) | 編集 |
*12日のNY株式相場は下落。


FOMC声明で追加緩和措置発表も、

材料出尽くしで売り優勢





ダウ工業株30種(ドル).DJI
     終値       13245.45(‐2.99)
     始値       13250.05
     高値       13329.44
     安値       13227.44
   前営業日終値   13248.44(+78.56)




 
ほぼ横ばいで終了。

バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の会見で、

年明けに減税失効と歳出の自動削減開始が重なる

「財政の崖」の影響を相殺するには金融政策では不十分との見方をあらためて示したことを受け、

この日の上昇分がほぼ打ち消された。
 
FOMC声明では年末で期限を迎えるツイストオペに代わる新たな債券買い入れ計画を発表し、

S&P総合500種は一時7週間ぶり高値をつける場面もあった。
 
S&P金融株指数はFOMC声明発表後1%超上昇したが、結局0.5%高で取引を終えた。
 
ウォルマート・ストアーズは2.8%下落。

インド政府が同社のロビー活動をめぐる調査を実施すると発表したことが嫌気された。
 
FOMC声明では、

9月に打ち出した月額400億ドルのモーゲージ担保証券(MBS)買い入れを継続すると同時に、

新たに国債を月額450億ドル買い入れる方針を明らかにした。

また、失業率が6.5%に低下するまで事実上のゼロ金利政策を継続する方針を示した。
 
しかしバーナンキ議長は会見で、「財政の崖」協議での合意を実現するために市場が大

幅下落に追い込まれることがないよう願っていると発言。
 
当初は量的緩和(QE)拡大が間違いなく好感されたが、出口戦略や現在の政策の

有効性をめぐり依然として一定の不透明感があることが議長会見で示されたとし、

「財政の崖」から転落した場合の深刻な影響にFRBとして対処できないという事実を

バーナンキ議長はあらためて強調したとの見方。
 
米与野党間では「財政の崖」をめぐる協議が加速したものの、

共和党のベイナー下院議長は、オバマ大統領との間に依然「深刻な隔たり」があるとの認識を示した。
 
保険大手エトナは3.2%高。

同社は前日、2013年の業績について、増収増益になるとの見通しを示した。
 
 
ニューヨーク証券取引所、ナスダック、NYSE MKTの3市場の

出来高は約65億8000万株。

年初来の1日平均は65億2000万株となっている。
 
騰落銘柄比率はニューヨーク証券取引所が約15対16、

ナスダックはおよそ2対3。



S&P業種別ランキング
指数名 引値 前日比 変化率(%)
  
  上昇
1 電気通信サービス 149.37 +1.53 +1.04%
2 金融 216.66 +1.11 +0.51%
3 エネルギー 538.22 +2.13 +0.40%
4 資本財・サービス 327.24 +0.74 +0.23%
5 一般消費財・サービス 373.03 +0.35 +0.10%

  下落
1 公益事業 178.74 -0.21 -0.12%
2 ヘルスケア 473.39 -0.75 -0.16%
3 素材 229.22 -0.52 -0.23%
4 生活必需品 370.16 -0.99 -0.27%
5 情報技術 463.90 -2.03 -0.44%


NY主要株価   終値 前日比 前日比率

<情報技術セクター>
マイクロソフト  27.24 -0.08(-0.29%)
インテル  20.67 +0.02(+0.1%)
ヤフー  19.38 -0.14(-0.72%)
アップル  539 -2.39(-0.44%)
IBM  192.95 -1.25(-0.64%)
グーグル  697.56 +0.68(+0.1%)
ノキア  3.83 +0.04(+1.06%)
フェイスブック  27.58 -0.4(-1.43%)

<金融セクター>
シティグループ  37.53 +0.53(+1.43%)
バンク・オブ・アメリカ  10.61 +0.1(+0.95%)
ゴールドマン・サックス  118.09 -0.77(-0.65%)
JPモルガン・チェース  42.77 +0.13(+0.3%)
アメリカン・エキスプレス 57.67 +0.61(+1.07%)

<エネルギーセクター>
エクソン・モービル  89.45 +0.46(+0.52%)
シェブロン  108.08 +0.34(+0.32%)

<マテリアルセクター>
バリック・ゴールド  35.12 +1.11(+3.26%)
ニューモント  45.5 +0.27(+0.6%)
モンサント  89.75 -1.32(-1.45%)
アルコア  8.65 -0.03(-0.35%)

<資本財・サービスセクター>
キャタピラー  87.95 +0.62(+0.71%)
ゼネラル・エレクトリック 21.78 +0.27(+1.26%)

<一般消費財・サービスセクター>
フォード・モーター  11.47 -0.02(-0.17%)
ホーム・デポ  62.93 +0.04(+0.06%)

<生活必需品セクター>
ウォールマート  68.94 -1.95(-2.75%)
コカ・コーラ  37.64 -0.22(-0.58%)
P&G  70.76 +0.1(+0.14%)
UPS  73.43 -0.33(-0.45%)

<製紙品・林産品セクター>
インター・ナショナル・ペーパー 37.38 +0.25(+0.67%)

<電気通信セクター>
スプリント・ネクステル  5.66 +0.09(+1.62%)
ベライゾン・コミュニケーションズ 44.79 +0.35(+0.79%)




米アップル、Mac生産の一部を中国から米国に移管─CEO

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、

同社のパソコン(PC)「Mac(マック)」の生産の一部を来年、

中国から米国に移管する計画を明らかにした。

6日発行のブルームバーグ・ビジネスウィーク誌にインタビューが掲載された。

クックCEOはまた、生産移管にあたり、

アップルが米国内で1億ドル超の資金を投じる方針を示した。

クックCEOはマックのどの製品を米国で生産するかには言及しなかったが、

最終的な組み立て作業だけでなく、

アップルと提携先企業は部品の大半もしくは全てを生産することになるとみられている。

米国の製造業者に中国への生産移管を促してきた重要な要因は労働コストの低さだが、

中国では製造業の拠点が集まる沿岸部を中心に賃金やその他のコストが急上昇している。

今回のアップルの生産移管は米国の製造業に恩恵をもたらすことが考えられるが、

クロス氏はその他の利点として知的所有権が侵害されるリスクを低減することができると指摘。




シェールガス革命で長期的にドル高加速の見方も

岩盤層に含まれる原油「シェールオイル」や天然ガス「シェールガス」。

この新しい資源の生産量が米国で急速に伸びている。

米国がエネルギー資源の自給に向けた動きを強めるなかで、

為替市場では長期的にドル高・円安の流れが進むのではないかとみられている。

国際エネルギー機関(IEA)は前週、世界のエネルギー見通しに関する報告書のなかで、

非在来型シェールガス開発などを背景に、

2017年までに米国がサウジアラビアを抜き、

世界最大の産油国になると予想。

さらに2030年頃までには米国が純石油輸出国になるとの見方を示した。

為替ストラテジストの間では、

米国で石油・天然ガス生産が増加した場合、同国のエネルギー輸入は確実に減少し、

経常赤字は縮小が見込まれるとして、ドル高を想定する向きが多い。

実際にそうした思惑からドル買い・円売りを意識する投資家も出始めているという。



サンディが米経済成長を押し上げへ-2400億ドルの復興作業で



米大統領選直後の30年債入札で大量落札 

米財務省が大統領選の2日後の11月8日に実施した160億ドルの30年債入札で、

投資ファンドが72億1000万ドルを落札していたことが政府の統計で23日、明らかになった。

投資ファンドによる落札額は前月の30年債入札からほぼ倍増。

オバマ大統領は6日の選挙で再選を決めたものの、

議会では上下両院の多数派が異なる「ねじれ」が続くため、

「財政の崖」への懸念が高まり、

選挙直後は株式などの高リスク資産から、安全とされる国債に資金が流入した。

こうしたなか前週の取引で、30年債利回りは2.695%と、9月5日以来の水準に低下。

23日の取引は2.829%で終えている。










*13日の日経平均は大幅続伸。

出遅れハイテク株に物色の矛先が向かう




日経平均    9742.73円(161.27円高)
         9672.47円─9767.05円
 東証出来高   27億6981万株
 東証売買代金  1兆4895億円




東京株式市場で日経平均は小反落。

9600円台を回復するも重要イベントを控え伸び悩み




日経平均    9581.46円(56.14円高)
         9565.95円─9606.25円
 東証出来高   19億3972万株
 東証売買代金  1兆0627億円




 
東京株式市場で日経平均は続伸。

終値で9700円を回復するのは約8カ月ぶり。

米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和を強化したことで、

日銀による追加緩和期待が高まり円安が進行。

海外勢による日本株買いが継続するなかで、

業績改善期待から輸出株が堅調となったほか、

緩和の恩恵を受ける金融や不動産も買われた。
 







日経平均・日足は連日のマド空け上伸、売買高も膨らむ


日経平均の日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。

新たなマド(9606円25銭―9672円47銭)を空けて上放れ、

4月27日の高値(9691円70銭)を抜いた。

東証1部売買代金が前日比40%増の1.4兆円台まで膨らむなどエネルギーを伴って騰勢を持続している。

5日移動平均線(9582円13銭=13日)をサポートラインとして上昇トレンドを維持している間は下値不安も乏しい。

一方、ストキャスティクス、RSIなどオシレーター系指標は過熱状態を示している。

25日移動平均線(9244円75銭=同)と終値のかい離率が5.3%と拡大したほか、

騰落レシオ(東証1部、25日平均)も123.7%と過熱のメドとされる120%を超えている。

目先は自律的な調整が入ってもおかしくない。

下値は5日線がメドになる。

逆に14日の先物・オプションSQ(特別清算指数)算出後に上振れれば1万円も視野に入る。





新興株式市場は上昇、

東証マザーズ指数は反発

新興株式市場では、日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発。

ジャスダックの売買代金は301億円。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが年初来高値を更新。

スカイマークなどが買われた。

コロプラの初値は5650円で公開価格を88%上回った。

楽天はさえなかった。




海外の積極ムードが日本市場にも波及、北朝鮮ミサイル発射も影響薄


欧米市場の積極ムードが日本市場にも波及している。

米S&P500種.SPXは米大統領選前の水準を回復、

FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3も1年半ぶりの高値に上昇した。

リスクセンチメントが回復した海外勢の日本株買いは継続しているとみられ、

北朝鮮のミサイル発射などネガティブな材料にも反応は限定的だ。

ただ経済指標は楽観を許さず景況感は依然慎重であり、

FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果を前に積極的な買いは控えられている。

<緩和期待と駆け込み増配で米株押し上げ>



12月13日(木)

8804 東建物 339 +10 底堅い 11月の首都圏マンション販売戸数は3カ月連続で減少。

1835 東鉄工 1,058 +56 野村が新規「Buy」 JR東日本の耐震補強対策などの恩恵で。

7011 三菱重 380 +8 続伸 米P&Wの中小型ガスタービン事業を買収へ。

8035 東エレク 3,800 +90 3日続伸 中国で液晶パネル製造装置を生産へ。

6752 パナソニック 481 +35 大幅続伸 太陽光パネルの海外生産を拡大へ。

6753 シャープ 250 +15 3日続伸 米アップルが大型テレビのデザインを検証中との報道で思惑。

3169 ミサワ 1,120 -115 大幅安 販促費増加や人員不足などで3Q累計営業益は2ケタ減。


 

12/13 朝一のニュース速報掲載
◆東エレク、液晶パネル製造装置を中国に生産移管(日経)
◆衣料・外食 中国出店衰えず はるやま、吉野家HDなど(日経)
◆ヤフー、FX事業の買収を発表 金融を成長の柱に(各紙)
◆日産自・仏ルノー、ロシア車大手買収で合意(日経)
◆富士重、HVを来年投入(産経)
◆パナソニック、13年度中に太陽光パネルの海外生産比率を5割超に(日経)
◆パナソニック、15年計画の欧州新工場を凍結(毎日)
◆セブン&アイ、独自商品の売上高3兆円に 15年度、全体の4割強(日経)
◆ビール出荷量16年ぶり増も 12年1~11月は0.1%増(日経)
◆スカイマーク、国際線参入は営業利益を年50億円押し上げ(日経)
◆ヤマハ、13年3月末までに在庫を9月末対比で2割削減(日経)
◆東洋電、13年5月期の連結純利益55%減 増益予想一転(日経)
◆マックス、13年3月期はくぎ打ち機など住宅関連が5年ぶり黒字に(日経)
◆イチネンHD、13年3月期の連結最終損益は22億円で過去最高に(日経)
◆巴工業、12年10月期の連結純利益は前の期比45%減(日経)
◆日本マイクロ、13年9月期はリストラ効果が30億円の増益要因(日経)
◆ミサワ、12年2~10月期の連結営業利益は前年同期比11%減(日経)
◆ポールHD、12年2~10月期の連結純利益は前年同期比48%増(日経)
◆富士重、衝突回避ブレーキに専用保険、国内初 信頼高め普及促進(日刊工業)
◆セーラー、単身者の安否確認、高齢者・女性見守り(日刊工業)
◆日産自、露で年産170万台体制、日産・ルノー、シェア40%に(日刊工業)
◆デンソー、ヘッドアップディスプレー、20年世界シェア30%、全面投影型投入(日刊工業)
◆蛇の目、サーボプレス欧で拡販、代理店網を再整備(日刊工業)
◆三菱重、火力の営業一本化、日立と統合で先行検討(日刊工業)
◆日立、インド戦略現地で討議、海外で初の取締役会(日刊工業)
◆富士通、次世代環境地域で新会社、三井物産と開発・運営(日刊工業)
◆宇部興、設備投資1500億円規模に、収益改善を重視(日刊工業)
◆東レ、通気性高くUVカット、冷感ニット素材を開発(日刊工業)
◆川澄化、ステントグラフト参入、胸部大動脈瘤向け(日刊工業)
◆きんでん、インドに現法、日系電気工事で初(日刊工業)
◆大ガス、独社に特殊活性炭供給、高性能化へ提携(日刊工業)
◆西松屋チェ、「製造小売業」を志向、電機の技術者積極採用(日刊工業)
◆興銀リース、富士急ハイランドと契約、871kW発電機2台(日刊工業)
◆ソフトバンク、太陽光パネル、家庭の屋根に設置し売電(FujiSankei)
◆富士重、来年中にHV発売、既存車種に追加、販売に弾み(FujiSankei)
◆日立造、住友化学と津波被害の農地修復技術確立(FujiSankei)
◆7&I-HD、オリジナル商品で15年度3兆円、高単価PBを拡充(FujiSankei)
◆北ガス、石狩LNG基地が稼働、国内最大級の地上式タンク(FujiSankei)
◆三菱UFJ、米が制裁金、規制国へ送金違反(読売)
◆日産自、HV大幅拡充、電気自動車普及遅れ(読売)


3657 ポールHD
1対2の株式分割を実施

4583 カイオム
「完全ヒトADLibシステム」開発で主要ステップが終了

4689 ヤフー、サイバー
ヤフー、サイバーの外為子会社を210億円で買収

6381 アネスト岩田
105万株の自社株消却、発行株の2.42%

6505 東洋電
13年5月通期の連結業績予想を下方修正、受注状況や景気動向などを勘案

9984 ソフトバンク
住宅の屋根で太陽光発電事業を開始、来年3月末まで1000戸募集











よろしければどうぞ、、、、
三日坊主の私にに
応援クリックよろしくお願いします、、、、



人気ブログランキングへ






トレンドを探る12/13        買われ過ぎ・売られ過ぎ12/13   

移動平均   ↑ 
パラボリック ↑           RSI       85.11
H&L転換 ↑           ストキャスティクス 90.32
ポイント&フィギュア↑        騰落レシオ     123.73
総合判定   ↑           乖離率        +2.20
総合判定    買われ過ぎ


12/13 1801 東1 大成建 野村 Neutral継続 205→235円
12/13 1802 東1 大林組 野村 Neutral継続 365→420円
12/13 1803 東1 清水建 野村 Neutral継続 290→285円
12/13 1812 東1 鹿島 野村 Neutral継続 220→240円
12/13 1824 東1 前田建 野村 Buy→Neutral 375→400円
12/13 1835 東1 東鉄工 野村 新規Buy 新規1220円
12/13 1881 東1 NIPPO 野村 Buy→Neutral 1000→1070円
12/13 1942 東1 関電工 SMBC日興 3継続 320→330円
12/13 1944 大1 きんでん SMBC日興 2継続 580→560円
12/13 2502 東1 アサヒ 三菱UFJMS Neutral継続 1800→1900円
12/13 2801 東1 キッコーマン JPM Over継続 1200→1350円
12/13 3268 JQ 一建設 三菱UFJMS OP継続 2900→3100円
12/13 3391 東1 ツルハHD 大和 2継続 6300→7500円
12/13 4503 東1 アステラス薬 大和 2継続 4200→4420円
12/13 4506 東1 大日住薬 大和 4継続 800→820円
12/13 4507 東1 塩野義 大和 3継続 1030→1290円
12/13 4519 東1 中外薬 大和 3継続 1800→1680円
12/13 4521 東1 科研薬 大和 2継続 1350→1450円
12/13 4523 東1 エーザイ 大和 2継続 4100→4000円
12/13 4530 東1 久光薬 大和 4継続 3800→3940円
12/13 4540 東1 ツムラ 大和 3継続 2600→2840円
12/13 4541 東1 日医工 大和 2継続 1950→2080円
12/13 4547 東1 キッセイ薬 SMBC日興 3→2 1400→1700円
12/13 4552 大2 JCR 大和 2継続 1140→1420円
12/13 4553 東1 東和薬品 大和 3継続 4900→4850円
12/13 4554 東1 富士製薬 SMBC日興 3→2 1200→1400円
12/13 4555 東1 沢井製薬 大和 2継続 10100→10500円
12/13 4569 東1 キョーリンHD 大和 2継続 2000→2200円
12/13 4581 東1 大正薬HD 大和 3継続 6500→6700円
12/13 4911 東1 資生堂 SMBC日興 2継続 1200→1180円
12/13 6201 東1 豊田織機 三菱UFJMS Neutral継続 2400→2550円
12/13 6723 東1 ルネサス マッコーリー OP継続 740→420円
12/13 6902 東1 デンソー 三菱UFJMS OP継続 3400→3100円
12/13 6995 東1 東海理化 三菱UFJMS OP→Neutral 1650→1200円
12/13 7259 東1 アイシン精 三菱UFJMS OP→Neutral 3500→2700円
12/13 7282 東1 豊田合 三菱UFJMS OP継続 2200→2100円
12/13 7532 東1 ドン・キホーテ JPM Over継続 3600→4000円
12/13 7730 東1 マニー SMBC日興 2→3 2900円継続
12/13 8036 東1 日立ハイテク 野村 Buy継続 2040→2104円
12/13 8303 東1 新生銀 野村 Neutral継続 95→140円
12/13 8880 東1 飯田産業 大和 3継続 700→680円
12/13 9843 東1 ニトリHD 大和 3継続 8500→8000円













<政治の危機感薄い「企業競争力低下」>

こう言う見方も、

円安効果に限界も

16日の投票に向け各政党の活動がヒートアップしている衆院選だが、

日本の国力を左右する企業の「国際競争力の強化」に関して全く議論が展開されていないのは、

どうしたことだろうか。

日本貿易会が6日に2013年度も貿易赤字になるとの見通しを発表したが、

その原因には、

原発の不稼働だけでなく、

日本企業の国際競争力低下。

競争力の低下が継続したまま、

円安が進行しても企業収益増と貿易収支の黒字転換は思惑通りに進まないだろう。

政治家の危機意識は、非常に浅薄である。



2013年度も貿易赤字高止まり

日本貿易会が6日に発表した見通しでは、

2013年度の貿易収支は5兆7320億円の赤字と

12年度見通しの5兆7790億円から微減の水準にとどまる。

見通し通りなら貿易赤字は3年連続となる。

13年度の輸出見通しを商品・産業ごとにみていくと、



高機能素材や工作機械、自動車と同部品がけん引役になるという。

一方、電気機器は減少が続くと予想されている。

2012年度上半期をみると、

半導体等電子部品、電算機類、半導体等製造装置、液晶テレビなどの映像機器、スマートフォンなどの

通信機等を合わせた減少額が輸出総額の減少額の7割相当になったとしている。


経常収支ベースでの輸出額は、

2011年度の6兆2628億円から12年度に6兆0612億円となり、

13年度は6兆1399億円の見通しで、停滞傾向を示している。

11年度は東日本大震災の影響でサプライチェーンが寸断され、輸出産業に大きな影響が出た。

しかし、サプライチェーンが復旧しても日本の輸出は増加傾向を取り戻せていない。


足を引っ張る電機の競争力低下

この大きな要因は、電機メーカーの競争力低下に起因しているところが大きい。

主力商品のコモディティ化によって、大幅赤字に転落した企業が相次ぐ中、

次の主力商品をどのように創り出していくのか、具体的なプランが動き出しているところは、

極めて少数のように見える。

電機産業の競争力回復は短期的には見込めず、輸出増大への展望は開けない。

3年連続で貿易赤字になる見通しになっている大きな要因として、

国内の原発稼働率が低く、

液化天然ガス(LNG)の輸入増に代表されるエネルギー輸入の増大問題がある。

しかし、今のような輸出不振が継続すれば、原発の再稼働が進んだとしても、

日本の貿易赤字が継続するとの試算も一部であるようだ。



円安でも輸出増加しない構図できる可能性

こうした日本企業の競争力低下を放置したまま、

円安の推進を政策的に展開しても、

マーケットが予想しているような企業業績の好転と貿易収支の黒字化に結びつかない公算が大。

そのことにマーケットが気づいた時、円安と株高の連動というモメンタムは衰弱し、

円安と株安が連動しやすい市場地合いに移行する可能性が高いと予想する。

だとすれば、日本国の運営に責任を持つ政治家は、日本企業の国際競争力の低下にもっと危機感を持ち、

その反転を促すには何をするべきか、政策メニューを具体的に掲げるべきだ。



競争力強化には研究・開発の支援が不可欠

企業の研究・開発を促進するような税制を含めた財政的な支援が必要だと考える。

実際、自動車の車体にも使用が検討されている炭素素材などの高機能素材に関しては、

日本企業の競争力が高く、輸出額はウナギ上りに増加しそうだ。

高い技術力にサポートされた独自技術の存在が、日本経済の救世主。

企業が稼ぎ、税収を上げなくては高齢化の進む日本で社会保障システムを維持していくことは、

ますます困難になる。

成長力を上げるために、金融政策だけに依存することは、

双発エンジンの飛行機で片側のエンジンが止まっていることに等しい。

16日の投票日までの間に、成長力の引き上げには企業の競争力の低下に歯止めをかけ、

引き上げることが不可欠であるという点について、議論が深まることを期待したい。






<安倍首相誕生織り込み円安・株高、海外経済厳しく>




民主党の「縮小均衡の分配政策」から「成長による富の創出」への転換を図ること。


1日も早いデフレ・円高からの脱却に最優先で取り組む方針、

あらゆる政策手段を導入し名目3%成長を目指す、

2%の物価目標を設定。


ドル/円は前日の海外市場で

81.46円まで上昇して

4月25日以来の高値を付けたが、

一服感も出始めてきている。

目先は日銀法改正、

白川総裁早期退任観測やネガティブ金利政策といった

極端な材料までこなしつつ上昇していることから、

これ以上期待が膨らむ可能性は低そうだ。


また、安倍総裁が掲げる政策が実現するかどうかもまだわからない。

12月16日と想定されている総選挙までには1カ月あり、

どのような政権が樹立されるかは未知数だ。

市場では選挙の争点が為替相場のように思われているが、

実際には自民党の原発推進政策、公共投資拡大などが争点だろう。

本当に国民がこのような政策を受け入れるのか。

市場が期待しているほど自民党の票が伸びない可能性もある。

さらに円債市場では、安倍総裁が掲げる政策のネガティブな影響を懸念する声もある。

安倍総裁が15日の講演で、

日銀はゼロかマイナス金利にするぐらいにして貸出を高めてもらいたいと発言したことで、

現時点では超過準備の付利引き下げへの思惑が高まり、

株高にもかかわらず円債先物は上昇している。

インフレ目標や、

財政拡張による景気刺激、

デフレが継続した場合の消費増税延期といった安倍氏の発言をみれば、

債券売りの材料も多く隠れていることには十分に留意。



経済財政運営に関しては、

欧州債務問題深刻化、

新興国の景気減速、

消費税引き上げに伴う需要不足等のマイナス要因、

リスクに備え、弾力的かつ十分な政策対応を行っていくとし、

今後2─3年は当面の景気の落ち込みと今後のリスクに対応できる、

より弾力的な経済財政運営を準備すると機動性を強調。

衆院選後の新政権発足後、

速やかなに補正予算を編成し、新年度予算と合わせ切れ目ない経済対策を実行する。

補正予算については茂木敏充事務総長は、「相当な規模になる」と語った。

海外リスク、エネルギー危機、自然災害等へのリスク対応力を強化するため、

全国レベルで生活インフラ、ライフライン等の見直しを行うと同時に、

危機タイプ別の緊急時対応計画を策定する」方針を盛り込んだ。

また、成長戦略の推進と「ニッポン産業再興プラン」の実行を掲げ、

世界で勝ち抜く製造業の復活と付加価値(所得)の高いサービス産業の創出を目指す。

具体的には、「産業競争力強化法(仮称)」の制定による先端設備投資の促進や

戦略的な長期資金に対する政策金融の強化(融資から出資へ)を挙げた。

また、企業の海外流出防止策として「立地競争力復活」プランを掲げ、



電力・エネルギー制約の克服や法人税の20%台への引き下げを明記した。



さらに、成長するアジア経済圏の活力を取り込むため、

日本企業の活動を「金融、情報、制度前などで支援」する。

また、「アジア圏内の通貨・金融面での連携強化」を図るほか、

戦略的な海外投資と経済連携協定、国際資源戦略に取り組む方針を明記した。



米国の政府債務は約16兆ドル、州の債務も4兆ドルある。

「財政の崖」がたとえ回避されたとしても、

20兆ドル(1ドル81円で1620兆円)にのぼる「借金」が消えるわけではない。

いずれ財政再建に取り組まなければならないことには変わらず、

財政緊縮による景気減速を織り込み始めているのではないかと分析、、、、、、、







よろしければどうぞ、、、、
三日坊主の私にに
応援クリックよろしくお願いします、、、、



人気ブログランキングへ







 <金価格、来年2000ドルつける可能性>

バリック・ゴールド

世界最大の産金会社、カナダのバリック・ゴールドは12日、

金価格が2013年にオンス当たり2000ドルをつける可能性があるとの見通しを示した。

コスト上昇や生産の制約によって供給が抑えられ、

各国中銀や中国消費者の需要が引き続き増大するためとしている。

ソカルスキー最高経営責任者(CEO)は、

経済の不透明感やアジアでの新たな投資ツールでより多くの投資家が貴金属に向かい、

供給が需要増に対応しようとするなか、価格上昇の前兆がみられるとの見方を示した。

中国が金の購入を増やして金投資需要も拡大し、

各国中銀が以前の売りではなく金購入を引き続き増やして需要が増大し続ければ、

金価格は来年中に2000ドルか、おそらくそれを上回ると予想できると指摘。

「一種の需要主導の動きとなるだろう」と見通した。





 <米、2017年までに世界最大の産油国に>


国際エネルギー機関(IEA)は12日、

世界のエネルギー見通しに関する報告書を公表し、

非在来型シェールガス開発などを背景に、

米国が2017年までにサウジアラビアを抜き、

世界最大の産油国になるとの見方を示した。

米国の石油生産量は2015年までに日量1000万バレル程度に増加、

2020年には同1110万バレルに達し2035年までには同920万バレルに減少すると見込まれている。

一方、サウジの生産量は2015年まで日量1090万バレル、

2020年は同1060万バレルで推移し、

2035年までに同1230万バレルに増加する見通し。





<日本企業の東南ア投資加速、>

「チャイナ・プラスワン」活発に

領土をめぐる対立で日中間の緊張が高まる中、

中国リスクを回避するために他国に進出する

「チャイナ・プラスワン」の取り組みが活発化している。

円高を背景に海外事業を拡大する日本企業の間でも、

リスクが見込まれる中国への過度な依存を避け、

東南アジア各国を代替の製造拠点として活用する動きが次第に強まってきている。

日本の製造業者の約4分の1が中国への投資計画を見直していることが明らかになった。





<ファミリーマートがフィリピン進出、>


17年度末までに300店舗展開

ファミリーマートは5日、フィリピンに進出すると発表した。

ファミリーマート、伊藤忠商事、現地企業の3社で合弁会社を設立、2013年2月にマニラ周辺に1号店を出店する。

2013年度に30店舗程度、17年度末までに300店舗程度の展開を予定している。

合弁を組む現地企業は、

フィリピン最大規模の財閥で、金融や不動産など幅広い事業を手掛けるAyalaグループと、

フィリピンの大手小売グループであるRustanグループの共同出資により設立されたSIAL CVS RETAILERS。


出資比率はSIALが60%、ファミリーマートが37%、伊藤忠が3%。





<日経平均は小動き、オバマ再選の影響は限定的>




オバマ大統領の再選により米国の金融緩和路線は継続することになる。

ドル安・円高圧力

がかかり相対的な米株優位の状況に変わりはない。

ただ米住宅市場などは今後ミニバブル化する可能性もある。

資産価格上昇を通じて米国景気が回復すれば日本株が一方的に売られるということもなさそうだ。

ヘッジファンドのポジション巻き戻しが一巡し、

年末にかけては外需株から内需株への資金シフトが予想される



<ホンダが小型ジェット機の生産を開始>


「空のシビック」目指す

ホンダは31日、

航空機事業を手掛ける米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)」が、

5人乗りの小型航空機「ホンダジェット」の生産を米ノースカロライナ州グリーンズボロで始めたと発表した。

低燃費や斬新なデザイン、

低価格で30年前に米自動車業界に衝撃を与えた乗用車の初代シビックになぞらえ、

「空のシビック」を目指す考えだ。

ホンダによると、受注は既に100件を超えている。

同社はHACIの生産能力を2─3年以内に年産100機に引き上げる方針だ。

ただ、小型ジェット機市場への参入では課題にも直面。

中でも、主翼上面にエンジンを取り付けた奇抜なデザインや、サービスやメンテナンス面での実績不足は懸念材料だ。

ホンダジェットは、まずは北米や欧州市場をターゲット




<G20開幕、減速へ危機感共有>



20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が4日夕(日本時間5日午前)、

メキシコ市で開幕した。欧州債務問題に端を発した世界経済の減速が主要な議題となる。

先進国と新興国は景気の下振れ回避に向けて危機感を共有し、協調して打開策を探る。

日銀の白川方明総裁は会議前、

記者団に対して「世界経済はやや減速感を強めている」と懸念を表明、

各国が足並みをそろえて対応することが重要だと指摘。






<地球温暖化で魚のサイズ小型化>、

漁獲量も減る可能性

加ブリティッシュ・コロンビア大学の研究チームは30日、

地球温暖化の影響で海中の酸素の量が減り、

その結果、2050年までに魚のサイズが小型化して、

漁獲量も減る可能性があるとの調査論文を発表した。

専門誌「Nature Climate Change」に掲載された同論文は、

温暖化ガスの排出が急速に増えた場合、

タラやカレイ、ヒラメなど海産魚600種の平均最大体重は、

2050年までに2000年時点に比べ14─24%縮小すると予想。

調査を率いたウィリアム・チェン氏は、ロイターの取材に

「魚のサイズの小型化は生態系全体に影響する」と述べた。

論文では、魚の小型化の傾向が海洋食物連鎖を通じ、漁業にも密接に関わってくると指摘。「海洋生態系で温暖化ガス排出の削減に失敗した場合の影響は、従来の想定より大きくなる可能性が高い」としている。

同チームによれば、地球温暖化による水温上昇によって海中酸素が減ることが、

魚の成長を阻害する主な要因。

チェン氏は

「魚が大きくなるに従い、成長するのに十分な酸素を得るのが難しくなる。

体が大きくなれば、それだけ酸素を必要とする。ある時点で、魚の成長は止まるだろう」と述べた。

海面の温度が上昇すると、その部分の水は軽くなるため、海面付近の水と魚が多く生息する深層の水は混ざりにくくなる。

また、水温の上昇が魚の代謝を高める可能性も指摘されている。

研究チームは、魚の平均最大サイズが最も大幅に縮小するのはインド洋の24%減だとし、

以下、大西洋で同20%、

太平洋で同14%


小さくなる可能性があると予想している。







<中国関連ファンドの延期や中止相次ぐ、>

日中間の緊張感の高まりで

中国関連ファンドの設定延期や中止が相次いでいる。

尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題を背景とした日中間の緊張感の高まりから、

募集が低調なためとみられている。

ユナイテッド投信投資顧問は10月1日設定予定だった中国A株オープン(設定額300億円)の設定を中止。

現在の日中関係の緊張の高まりから、募集が低調だという。

岡三アセットマネジメントも10月24日設定予定だった中国A株オープン(設定額100億円)の設定を延期した。

岡三アセットマネジメントは「設定環境が芳しくない」としている。

また三井住友アセットマネジメントも10月31日設定予定だった中国利回りファンド(設定額200億円)の設定をいったん取り止めた。

「日中関係の緊張」が理由という。

一方、SBIアセットマネジメントは10月30日設定予定の中国人民元投資信託(設定額70億円)について、設定続行としている。



<生産は3四半期連続低下が濃厚、>

景気後退入りの可能性も

日本の生産が10─12月まで減少を続け、

実質成長率も2四半期連続でマイナスとなる可能性が高まってきた。

エコカー補助金切れで大きく落ち込む自動車に加えて、

想定していた回復がいまだに見えない中国経済、

さらに尖閣問題による中国内の不買運動の長期化リスクという3重苦が予想され、

市場では景気後退入りも取りざたされてきた。




<8月鉱工業生産は停滞色強める>、

中国向け携帯部品など下押し

経済産業省が28日発表した8月鉱工業生産指数速報は2カ月連続の低下となり、

一段と下振れ傾向を強めていることが明らかになった。

中国の携帯電話生産の落ち込みを背景とした電子部品生産の減少や、

国内外での自動車販売の減少が下押し要因。

予測指数を前提にすると、7─9月は前期比3.6%の低下となる見通しで、

2期連続の悪化となる可能性が高い。経済産業省は生産の基調判断を「横ばい傾向にある」から「弱含み傾向にある」に下方修正した。

8月の鉱工業生産(2005年=100、季節調整済み)は前月比1.3%低下の90.5となり、2カ月連続の低下となった。

ロイターの事前予測調査では前月比0.5%低下と予想されていたが、発表数値は予想を下回った。





<安倍自民新総裁の主な政策>

26日に行われた自民党総裁選で選出された安倍晋三元新総裁のテーマごとの政策は以下のとおり。


●財政・金融政策・円高是正

1日も早いデフレ脱却と成長力底上げによる所得向上・雇用創出。

政府と日銀が協力して大胆な金融政策などデフレ脱却のための政策を総動員。

2─3%の緩やかで安定的なインフレを達成。

円高を是正し、経済を成長させていく。「日本経済再生本部」を創設し、新たな成長戦略を策定。


●一体改革・3党合意、特例公債法案

3党合意は進めていくのは当然。

消費税に軽減税率を導入、

社会保障制度を確立。

まず選挙をやってから国民会議をやる。

消費税引き上げ時期を間違えると結果として経済の腰を折る。

デフレが続いている間は上げるべきではない。


●外交・安保、日中関係

日米同盟強化など外交・総合安全保障の確立。

大事なのは日米同盟の強化。

集団的自衛権を認めていく。

その上で中国と戦略的互恵関係にしていく。

排他的経済水域、12海里には断固として入れない、この意思を中国政府に伝えるべき。


●環太平洋連携協定(TPP)

経済連携協定(EPA)や自由貿易協定(FTA)の推進による地域づくり。

TPPの「聖域なき関税撤廃」に反対。



<気候変動で2030年までに1億人死亡も>


国際援助に関する非営利組織DARAは26日、

気候変動に対する適切な対策が講じられなければ、

2030年までに世界で1億人以上が死亡し、

国内総生産(GDP)を3.2%押し下げる要因になるとする報告書を発表した。

この報告書は、発展途上国20カ国で構成する「気候変動に脆弱性を持つ諸国会議」の委託でDARAがまとめたもの。

同報告書は、地球温暖化ガスの排出で世界の平均気温が上昇するのに伴い、

氷床の減少や異常気象、

干ばつや海面上昇などが起こると指摘。

気候変動がもたらす大気汚染や飢餓、

病気による死者は毎年500万人に上ると推計し、

化石燃料の使用ペースが現在の水準のまま推移すれば、

この数字は2030年までに600万人に増えるとしている。

報告書の発表を受け、

バングラデシュのハシナ首相は

「気温が1度上昇すれば、農業では10%の生産性損失につながる。

わが国にとっては穀類約400万トン、金額にして25億ドルを意味する。

GDPの約2%だ」と指摘。

それ以外の要因も含めると、気候変動による経済的損失はGDPの3─4%になると述べた。





<インドネシア経済、2030年までに英国抜く可能性>

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)は18日に発表されたリポートで、

インドネシアが2030年までに英国を抜き世界第7位の経済大国になる可能性があるとの見方を示した。

米コンサルタント大手マッキンゼー・アンド・カンパニー系のMGIは、

インドネシアの人口動態や都市化、

中間所得層の拡大が経済成長の追い風になるとした。

世界第4位の人口を抱えるインドネシアの消費人口は2030年までに9000万人増加し、

サービス部門では1兆1000億ドルの経済効果が見込まれるという。

経済成長の妨げとなっている

長年の保護主義、

過剰規制、

脆弱な物流インフラを改善する必要があるとした。

インドネシアは年率で5%以上の成長を維持しているが、

2030年までに英国を追い抜くには6%の成長が必要となる。

第2・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、

中間層の消費拡大や投資増で、

予想を上回る前年同期比6.4%となった。

インドネシアが目標成長率を達成するためにはさらに熟練労働者が必要。





<世界一のネット充実国はスウェーデン、日本20位=調査>

ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の考案者ティム・バーナーズ・リー氏が設立した団体による調査では、

インターネット環境が世界で最も充実した国はスウェーデンとなった。

日本は20位となっている。

2.米国3.英国4.カナダ5.フィンランド6.スイス7.ニュージーランド8.オーストラリア9.ノルウェー


アジアのトップはシンガポールの11位で、韓国13位、日本20位、中国29位、インド33位などとなっている。






<世界の鉄鉱石デリバティブの取引量、8月は過去最高に>


8月の世界の鉄鉱石スワップ/オプションの取引量が約1800万トンとなり過去最高を記録した。

スティール・インデックスによると、

シンガポール取引所での鉄鉱石スワップの取引量は1488万トン、

CMEグループが運営している先物取引所でのオプションの取引量は230万トン超となった。

指標となる鉄鉱石価格.

IO62-CNI=SIは、最大の消費国である中国の鉄鋼需要減少から、

8月30日に2009年10月以来の安値をつけた。

鉄鉱石価格は7月初めの水準から34%以上下落している。






<干ばつによる穀物価格高騰>

食肉価格上昇につながる見通し=米農務省

米国の深刻な干ばつによる穀物価格の高騰は、

家畜飼料コストを押し上げ、

一部の家畜生産者に家畜の清算を余儀なくしており、

食肉供給の減少と食肉価格の上昇につながる見通し。

米農務省は、牛肉と子牛肉の価格が今年最大4.5%、

来年最大5%上昇すると予想している。

豚肉価格は今年最大3%、来年は最大3.5%上昇する見込み。

失業率の高止まりとガソリン価格高で米国民が消費を手控えるなか、

食料品価格が上昇すれば、

中間層の裁量支出が減少し、

米経済が一段と圧迫されることになる。

トウモロコシを原料とするエタノールをガソリンに含むことを義務付けた連邦規則と干ばつの経済的影響について、

最大300億ドルにのぼる可能性があるとの見方を示した。

消費支出への最初の影響は10月末のハロウィーンまでに出始めると予想。

トウモロコシを主な飼料とする鶏や他の家畜に由来する製品に一定の支出手控えが見られるだろうと指摘した。

米国民が休暇に向けた料理を準備し始めるころには牛乳や卵の価格も上昇し、

2013年までにはほぼすべての食料品価格が上昇する






<急成長するLNG>、

従来型燃料の独占脅かす見通し

液化天然ガス(LNG)は世界で最も急成長している燃料であり、

新たな発見によって、

従来型の石油・ガス市場を主導してきた

中東や欧州の長年にわたる独占を脅かす見通しだ。

東アフリカとオーストラリアでの発見により、

天然ガスは2030年までに石炭を抜いて世界2位の燃料源となり、

その後、1位の石油にも迫る勢いが見込まれている。





<中国は危険領域に入りつつあるバブル崩壊の可能性>


日銀副総裁

日銀の西村清彦副総裁は21日、

シドニーでオーストラリア準備銀行(RBA)・国際決済銀行(BIS)共催コンファランスに出席し、

日米中の住宅価格高騰と人口動態などの相関について講演。

西村副総裁は、

中国の急激な住宅価格上昇を踏まえ、

少子高齢化などの人口動態の変化と

不動産バブル、住宅ローン急増が一致すると、

金融危機が発生しやすくなると指摘。

中国は『危険領域』に入りつつあると警鐘、、、、、、。

金融引き締めなど金融政策でバブルを未然に防ぐ場合、

一時的にしかバブルの拡大を止められないこともあると有効性に慎重な見方を示した。

差し迫った経済・金融危機に直面していない国民に対して政策担当者がバブルの危険性を説得するのは難しいため、

バブルの原因である楽観的な見通しに対し「公的部門もしばしば責任がある」と指摘。

バブルが進んだ段階で金融引き締めの発動が遅れると、

崩壊が遅らせ結果として大規模な崩壊を招くリスクがあるとした。

一方、大胆な引き締め策が経済を過剰に殺す可能性、、、、、。

少子高齢化が急速に進む社会では

伝統的な政策手段の有効性が損なわれるとも指摘。

悪性のバブルが崩壊する過程で何が適切な政策かは「ほとんどわからない」と述べ、

政策担当者にとって喫緊の課題だと強調、、、、、、。





<国内2013年度予算 >


「国債費」を除く政策的経費の大枠を71兆円以下、

新規国債発行を44兆円以下に抑制する方針。

日本再生戦略.....あす閣議決定 政府の国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)は30日、2020年までの成長目標などを示した日本再生戦略をまとめた。

与党との調整を踏まえ、環境・エネルギー、医療・健康、農林漁業の3分野と、

担い手の中小企業を最重要分野と位置付けた。

31日に閣議決定する。(時事通信)

2020年度までの平均で

経済成長率を名目3%、

実質2%に高める目標、

分野ごとに2020年度の目標に加えて2015年度の中間目標を新設したところが新しい。

環境関連産業で、

新築住宅の省エネ基準の達成率を2010年の42%から100%に引き上げる、

新車販売に占めるハイブリッ ド車など次世代自動車の割合を同10%程度から50%に引き上げる。

省エネ・耐震工事を普及させて中古住宅流通市場の規模を20兆円に倍増させることも盛り込んだ。

医療・介護分野では、革新的な医薬品の開発や再生医療の実用化などで新たに50兆円規模

農漁業者が生産(1次)から加工(2次)、販売(3次)まで一体的に手掛ける

「6次産業化」では、関連市場を10兆円に拡大する目標を立てた。 

鉄道 や上下水道などインフラの海外輸出で19.7兆円の市場を創出。

アニメなど「クール・ジャパン」として海外で人気が高い日本文化の輸出でも、17兆円を目指す。

観光分野では、訪日外国人旅行者を2010年の861万人から2500万人に引き上げるとの目標は踏襲した。








「投資」は危険だとかリスクがあるとかという

イメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、

正しい情報を手に入れることで

リスクなく稼ぐことは可能です。


これからの未来に少しでも不安があるのでしたら、

あなたにも出来る「投資」を知っておくべきです。


投資はあなたは働く必要がありません。

お金が働いてくれて、

大きなお金を持って帰ってきてくれるのです。


本来ならば素人がいきなり手を出したところで

短期でザクザク稼げるほど株式投資は甘くありません。

常に相場の転換に注意を払うことは難しいですし、

相場に対処できるようまでにはとても長い道のりといえます。

しかし、

相場を理解できる能力を身につけ、完全なトレード方法を身につけたら

資産を増やすことなんて簡単なことなんです。

素人では分からないあるポイントさえ知ってしまえば

株式投資はただの稼ぐための手段にしか過ぎません!



株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方



2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術



GoldLaw 株式黄金法則 200億円儲けた相場師是銀の幻の投資法が今あなたの手に



カウンタートレンドFX2012 5通貨ペア版



【SCB】スピードキャッシュバイナリー(60秒バイナリーオプション専用自動売買システム



【ザ・イージー】バイナリーオプション専用自動売買システム





その方法とはバイナリーオプションになります。

最近よく耳にするようになったこの投資手法は

投資の専門的知識も必要としない為、

初心者でもすぐに始めることが出来る簡単な手法になります。

「だからって、そんなに簡単には稼げないでしょう?」たしかにそうです。

しかし、

このバイナリーオプション投資であるツールを使うことで

あなたもプロの投資家以上に稼ぐことが可能なのです!!


そのツールが「豪GOバイナリー」

その驚くべき稼ぎっぷりを

コチラからご確認ください!!




【小笠原良行】豪GOバイナリー|GoGoBinary



ついにFXの金のクモの糸が販売開始!ゴールデンスパイダーFX 





三日坊主の私にに
応援クリックよろしくお願いします、、、、






人気ブログランキングへ


長い文面最後までお読み頂き、ありがとうございました。

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方 2年で1億円!片手間副業で毎月300万円を稼いでいる株式投資錬金術GoldLaw 株式黄金法則 200億円儲けた相場師是銀の幻の投資法が今あなたの手に
カウンタートレンドFX2012 5通貨ペア版【SCB】スピードキャッシュバイナリー(60秒バイナリーオプション専用自動売買システム【ザ・イージー】バイナリーオプション専用自動売買システム【小笠原良行】豪GOバイナリー|GoGoBinaryついにFXの金のクモの糸が販売開始!ゴールデンスパイダーFX 


長い文面最後までお読み頂き、ありがとうございました。



【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法~マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方~



犬しつけ ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室








スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。